美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 総合詩誌POとは > 152号 太陽

152号 太陽

152号 太陽

夕陽と芳草 ―杜牧「池州の春、前進士の蒯希逸を送る」詩をめぐって―・・・森 博行
「心に太陽を持て」 ドイツ文学から影響を受けた日本の作品・・・小川和彦
太陽の兄弟星にも『異邦人』がいるか・・・橋爪さち子
曇りのち晴れ・・・福永祥子
辣腕興行師不在・・・森 哲弥
心を太陽に向けたケルビムのような詩人アンゲルス・シレジウス・・・斉藤明典
「太陽」―平塚らいてうの生き方を通して・・・寺沢京子
太陽・・・星ノ深千夜
この不思議なもの・・・根本昌幸
太陽・・・藤谷恵一郎

詩のみ、ホームページも公開しております

その他の分野の作品

特集と以下の作品は「総合詩誌PO」をお求めになってお読みください。

扉詩  「ふるさと」 牛島富美二
ピロティ  はりきれ 卵! 村岡眞澄
舞台・演劇・シアター  待望の演劇学校が開校 河内厚郎
ギャラリー探訪
  「貴婦人と一角獣」展を観る―タピスリーの最高傑作 佐藤勝太 
エンジョイ! シネマ  「泥の河」 晴  静
一冊の詩集  藤村詩抄 田村照視
一編の小説
    「輝く日の宮」藤壺 瀬戸内寂聴『源氏物語』より 秋野光子
この詩大好き
  石垣りん「くらし」を見つめる獣の目 もりたひらく
マイ・フェイバリット・ミュージック
  小林真人の音楽人生 丸山 榮
エッセイ  晩秋のさびしさ 近藤陽子
竹林館ブックス  本多清子詩集『かぁごめ かごめ』
詩誌寸感  生(いのち)を読む 吉田定一