美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > ポエム・ポシェット (文庫本詩集)

ポエム・ポシェット (文庫本詩集)

表示順:

1~10を表示中  (ポエム・ポシェット (文庫本詩集)の数:14)

詳細へ

著者
髙野信也
ISBN
978-4-86000-344-9 C0192
本体価格
800円

追加  

  ポエム・ポシェット34  * Takano Nobuya      ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●        大事な君よ       ほんとうに いいのか           簡単に諦めて いいのか        本当の夢           簡... 詳細

詳細へ

著者
鈴木孝夫
ISBN
978-4-86000-348-7 C0192
本体価格
800円

追加  

      ポエム・ポシェット35 * Suzuki Takao     ☆.。. 宇宙は生きてる  青き星も生きてる 私も生きてる  生きているから動く 宇宙は死ぬか 否  永久に生死を供与 躍動する  大いなる 生命体 我が命も  青き星も命育む太陽も ☆.。.:*・゜     「青き星」をテーマ... 詳細

詳細へ

著者
髙野信也
ISBN
978-4-86000-320-3 C0192
本体価格
800円

追加  

Takano Nobuya カバー絵:佐川日南乃(多摩美術大)     ぼくらはみんな星の子ども ひとりぼっちは ひとりぼっちじゃない          あなたは 必ず立ち上がる      悲しいことも多いだろうが    音のない こころの戦い    そのすべて       ... 詳細

詳細へ

著者
丸山 榮
ISBN
978-4-86000-283-1 C0192
本体価格
800円

追加  

ポエム・ポシェット31*Maruyama Sakae いのちのリズム愛のメロディ平和へのハーモニー                                      +°。°*°。                             ... 詳細

詳細へ

著者
ISBN
978-4-86000-197-1 C0192
本体価格
800円

追加  

この詩人、髙野信也さんは、  宮澤賢治の詩「屈折率」に登場する  郵便脚夫かもしれません。   あなたへの大切な手紙を届けるために  デコボコ道を急いできたのです。    ――――――              目次より              *      ... 詳細

詳細へ

著者
丸山 榮
ISBN
978-4-86000-- C0000
本体価格
800円

追加  

もっと光れ九条の光もっと輝け九条の和 地球上の営みが永遠に続くよう     (「九条に護られて」より) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・時代の流れが大きく変わろうとしている「今」ぶれてはいけない日本の原点... 詳細

詳細へ

著者
髙野信也
ISBN
978-4-86000-157-5 C0092
本体価格
800円

追加  

ここに書かれているのは43の楽譜です。演奏するのはあなたです。ベートーベンよりすごいです。コツはたったひとつ・・・素直なこころです。     地図閉じて  歩き始めたから歩き続けている 決められたわけでもなくでもやめる気もなく ときに 迷うと休みたくなり 地図を開... 詳細

詳細へ

著者
今 猿人
ISBN
978-4-86000-136-0 C0192
本体価格
800円

追加  

すべてが比喩である…という激しい、抒情  ――そのまっすぐさが、読む人に勇気を与える 現代詩が修辞の時代といわれてからほとんど失われてしまった言葉の奥行きと抒情。言葉の奥にあったものとは一言でいえば詩の背後にある詩人の「人生」であった。逆説的であるけれど、今... 詳細

詳細へ

著者
堀 諭
ISBN
978-4-86000-111-7 C0192
本体価格
800円

追加  

  私は堀さんのこの詩集の「風合い 抜群!」   のことばたちを世の中に送り出せることを   大変誇りに思う。これらの詩篇はすべて未   発表であり、「ぶるー・のーと」と名付け   られた一冊のノートにひといきに書かれた   ものである。原稿を頂いたとき、その感... 詳細

詳細へ

著者
佐倉圭史
ISBN
978-4-86000-107-9 C0192
本体価格
800円

追加  

先も見えない現代において、どう生きるか?佐倉圭史詩文集には、一つの批評性が貫かれ、時代への苦闘が表現されている。    冬の遠近法  私から遠く佇むある番人は  誰をも待つことが出来ずに、  ただただ、ため息をついていて  同じ頃、私は、自分なりの  冬の物語... 詳細
1~10を表示中  (ポエム・ポシェット (文庫本詩集)の数:14)