美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 総目録

総目録

表示順:

1~10を表示中  (総目録の数:329)

詳細へ

著者
POの会/編
ISBN
978-4-86000-388-3 C0495
本体価格
800円

追加  

  特集 花へのオマージュ 吉田定一   花へのオマージュ「一つの花」市原礼子   野口存彌の「花薔薇」からのはじまり野呂 昶   花たちへの讃歌松尾真由美  詩と花とが共にあること小島きみ子  花と緑の高原の暮らし志田静枝   いにしえの風が湧き立つ地に季節... 詳細

詳細へ

著者
藤谷恵一郎
ISBN
978-4-86000-385-2 C0292
本体価格
1,200円

追加  

     ことばのリレー・次世代に手渡したい詩叢書   現代日本詩人選100 №1          潔い裸形でしか支えきれない― 絶え間のない冬の営みの果てに 新しい春を 生きる木々よ     孤独の淵から詩人は、「思索の釣糸を投げ入れる」(詩「太陽」)... 詳細

詳細へ

著者
浅輪喜行(著)/浅輪信子・川松祐子(編集)
ISBN
978-4-86000-387-6 C0047
本体価格
900円

追加  

        世界に、これほど血圧が良く分かる本はない         Ⅰ 世界中が血圧判断そのものを根本的に間違えている ・最高血圧でものを言うのはあまり意味が無い。最高血圧は一日中こんなに変わっている。 ・最高血圧がどうであれ、睡眠時血圧が正常であれ... 詳細

詳細へ

著者
永井ますみ
ISBN
978-4-86000-381-4 C0092
本体価格
2,000円

追加  

     ここに繰り広げられるのは、解釈ではなく 新しい創造としての万葉の詩精神(ポエジィ)である。 永井ますみの繊細かつ大胆な感受性によって、 万葉の言の葉が現代詩としてみごと蘇り、ここに生い繁る。 これはもう彼女の荒業だと言ってよいが、かくして、 たゆたう大... 詳細

詳細へ

著者
永井ますみ
ISBN
978-4-86000-384-5 C0095
本体価格
1,600円

追加  

    受信と発信の基地であるブロガー家持を中心に置くと、 浮かび上がる古代ネットワーク。 見えてくる詩の星座、見果てぬ家持のロマン。   永井ますみは、詩の発生する位置に家持と共に立つ。 そして、「憑依」という原生的方法により現れる 万葉集という銀河の輝きを私た... 詳細

詳細へ

著者
水崎野里子
ISBN
978-4-86000-380-7 C0095
本体価格
2,300円

追加  

    闘うヒューマニズム!     彼女はモダンの先頭を走りながら、いつしか黄泉の国から葦原の国へ、 愛するイザナギを追うイザナミの変容に譬えることができる。 しかし、その追跡が道理と情熱にもとづくものであると、 注意深い読者なら気づくであろう。   水崎野里... 詳細

詳細へ

著者
山本由美子
ISBN
978-4-86000-383-8 C0092
本体価格
1,800円

追加  

    霧の中のブルー   BLEU BROUILLARD   ブルー ブルイヤール         空白に   詩人のことばが注がれるとき   ことばは泉のように   美しく湛えられる。   詩人・山本由美子の詩の景色は   哀しみを浄化し、   希望へと変えてゆく力を持つ。       ... 詳細

詳細へ

著者
POの会/編
ISBN
978-4-86000-382-1 C0495
本体価格
800円

追加  

  特集 光と影 一色真理   幻の詩誌「無限」と無限アカデミー榎 千恵   キャサリン・マンスフィールド「園遊会」における光と影、そして生と死細見和之   「家族の午後」の光と影中原康貴   影絵のように渡 ひろこ  エミリ・ディキンスンに見る詩人としての光... 詳細

詳細へ

著者
佐藤勝太
ISBN
978-4-86000-379-1 C0092
本体価格
2,200円

追加  

* * * * * * *    詩歴60年余   定評ある詩人の   新たなる詩境   * * * * * * *               晴れの日は陽光をあびるように           雨の日は雨滴をあびるように           佐藤さんは詩の香気をあ... 詳細

詳細へ

著者
リジア・シュムクーテ 著/薬師川虹一 訳
ISBN
978-4-86000-376-0 C0098
本体価格
1,800円

追加  

    Lidija Šimkutė Baltos vaivorykštės White Rainbows     リジアさんがいつも見詰めているのは、与えられた枠組みや自分で取り上げた枠組みの中の世界ではなく、それらの枠の間の表現しえない無の世界、空間であることを、この詩集の本体である彼女の詩が始まるまえの扉... 詳細
1~10を表示中  (総目録の数:329)