美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 総目録

総目録

表示順:

1~10を表示中  (総目録の数:364)

詳細へ

著者
POの会/編
ISBN
978-4-86000-424-8 C0495
本体価格
800円

追加  

  特集 あの日あの時   今野哲男   「気づき」との「出会い」薬師川虹一  僕の原罪山本由美子  9・11 その時……吉永幸司   あの日あの時吉田定一   やさしい気持ち藤谷恵一郎  邂逅 ―あの日あの時斗沢テルオ  あの日あの時、私の詩は―    ... 詳細

詳細へ

著者
播磨カナコ
ISBN
978-4-86000-422-4 C0092
本体価格
1,200円

追加  

           ここはことばのお花畑         お花畑の向こうに広がる不思議の世界・・・   そこには静かな川が流れ、生きるものへの   愛しみが満ちあふれている。      あなたがいて わたしがいる      きのうがいて あしたがいる     ... 詳細

詳細へ

著者
若嶋利惠子
ISBN
978-4-86000-410-1 C0077
本体価格
1,800円

追加  

        Bienvenue chez Wakashima            フランス料理にはどんな調味料が使われているのか?   こんな好奇心から私の旅は始まった。          * * * * * * * * * * * * * *       その旅は、あるドキュメンタリーの... 詳細

詳細へ

著者
白鳥鈴奈
ISBN
978-4-86000-418-7 C0092
本体価格
1,200円

追加  

    何気ない日常の中で、くすっと笑えるユーモアが光る作品や、   四季折々の風景、鳥や虫、愛犬たちへの愛情などを、   飾らない素直な言葉で綴られた詩集です。   また童話のような物語性のある作品も、著者の豊かな感性で描かれていて、   思わず笑顔がこぼれ... 詳細

詳細へ

著者
リジア・シュムクーテ 著/薬師川虹一 訳
ISBN
978-4-86000-419-4 C0098
本体価格
1,800円

追加  

        Lidija Šimkutė  TYLOS ERDVĖS SPACES of SILENCE        私がリジアさんの詩集を翻訳し始めてからこれで五冊目となる。初めて彼女の詩を読んだ時のショックは薄れてきた。しかしリジアさんの詩は何時も魅力的だ。挑戦的でもある。彼女は決して守勢に回ら... 詳細

詳細へ

著者
西 純子
ISBN
978-4-86000-420-0 C8793
本体価格
1,800円

追加  

              この度はこの絵本を手にしていただき感謝申しあげます。  私はこの絵本を書いた被爆二世です。  実母が今から74年前に実際に被害に遭った広島原爆を綴った文書を元に書きました。  2011年、東北地方太平洋沖地震により福島原発事故が起き... 詳細

詳細へ

著者
長谷川治代
ISBN
978-4-86000-414-9 C0095
本体価格
1,200円

追加  

          こころあたたまる 動物家族のおはなし           この作品は、私の久しぶりのCD「永遠のひと」を発表したことと、 ラジオ日本の「北さんの唄北道中」という毎週金曜日放送の番組に出させていただいたことに始まります。  その折、はるよさ... 詳細

詳細へ

著者
牛島富美二
ISBN
978-4-86000-416-3 C0095
本体価格
1,400円

追加  

       名作を散策するよろこび。   文豪に出会う驚き。             小田の水沈む夕陽にきららめく       きららめきつつ沈みゆくなり       こうして辿ってみると、沈む夕陽に中也を重ねてしまう。 消えゆく直前の命の輝き。 才能が... 詳細

詳細へ

著者
POの会/編
ISBN
978-4-86000-417-0 C0495
本体価格
800円

追加  

  特集  ユーレイ・ghost 木澤 豊   わが幽霊たち一色真理   鬼になった父親北口榮一   幽霊 井上靖と安藤更生、ちょっとだけ幽霊の話奥村和子   生霊になってライバルを殺した女 源氏物語、六条御息所の嫉妬水崎野里子  エドガー・アラン・ポーと幽霊高丸も... 詳細

詳細へ

著者
中尾彰秀
ISBN
978-4-86000-411-8 C0092
本体価格
2,000円

追加  

           論語に「子、怪力乱神を語らず」という言葉がある。   子とはもちろん孔子のことであるが、中尾彰秀は語らぬどころか、   その怪力を演じ乱神を舞い踊るのである。   言い淀みつつ言いつのり、音速を超えたところで、吃音で畳み込む。   「... 詳細
1~10を表示中  (総目録の数:364)