美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 総合詩誌POとは > 169号 光と影

169号 光と影

169号 光と影

一色真理   幻の詩誌「無限」と無限アカデミー
榎 千恵   キャサリン・マンスフィールド「園遊会」における光と影、そして生と死
細見和之   「家族の午後」の光と影
中原康貴   影絵のように
渡 ひろこ  エミリ・ディキンスンに見る詩人としての光と影
為平 澪   うしろの正面
藤谷恵一郎  光源
西田 純   光による影 光の近くの陰
水崎野里子  キャンドルライト
もりたひらく 揺れる ~光と影と~
青島江里   すみれが咲く頃までに
今井 豊   光と影のはざまで
高丸もと子  五月の朝

詩のみ、ホームページも公開しております

その他の分野の作品

特集と以下の作品は「総合詩誌PO」をお求めになってお読みください。

扉詩 吉田定一・・・顔
ピロティ 深尾幸市・・・ニジェールの旅 ―陸路国境越え初体験―
舞台・演劇・シアター 河内厚郎・・・ルナホールのこと
ギャラリー探訪 ハラキン・・・これが作品!
エンジョイ! シネマ 門脇吉隆・・・「ストリートファイター」
一編の小説 青山 麗・・・堀江敏幸『雪沼とその周辺』に想う
一冊の詩集 斗沢テルオ・・・埋もれた郷土の反戦詩人 大塚甲山遺稿集(上・下)収録 詩集『蛇蛻(だせい)』他
この詩大好き 田村照視・・・近代詩と現代詩の狭間は?
エッセイ 水崎野里子・・・吉祥寺物語(2)
韓国現代詩の今 朴賢洙金耀日千壽鎬 韓成禮
PHOTO POEM 長谷部圭子・・・「けぶる電車」
マイ・フェイバリット・ミュージック 根本昌幸・・・私の好きな私のうた
詩誌寸感 藤谷恵一郎・・・死ののちを生きる鳥たちの魂の巣を抱いて