美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 総合詩誌POとは > 165号 現代の「荒地」

165号 現代の「荒地」

165号 現代の「荒地」

嶋岡 晨   一言
村田辰夫   現在の『荒地』について
一色真理   世界像としての〈荒地〉と〈花園〉─鮎川信夫と最果タヒ
山田兼士   「荒地」の現在 『北川透現代詩論集成1』を読む
太田充広   現代の荒地―平林敏彦との出会いから
原 圭治   時代の新しい分岐点に私たちは いる
         ―ボブ・ディランの「こたえは風に舞っている」
今井 豊   言葉が暴走するとき
寺沢京子   「現代の荒地」を考える―『世界がもし100人の村だったら―お金篇』
佐藤勝太   遊んでいる荒地
西田 純   自分の中の「荒地」から
原 和子   ガレキの底から
梶谷忠大   荒地同人「Xへの献辞」と現在
尾崎まこと  ナマコの女

詩のみ、ホームページも公開しております

その他の分野の作品

特集と以下の作品は「総合詩誌PO」をお求めになってお読みください。

扉詩 牛島富美二・・・みちのく五月の唄
ピロティ 中田豊一・・・「貧困」ということばの罠に落ちた援助屋の物語
舞台・演劇・シアター 河内厚郎・・・演劇空間として再生した西宮北口
ギャラリー探訪 下前幸一・・・『原爆の図』丸木美術館
エンジョイ! シネマ 佐古祐二・・・映画「君の名は。」
一編の小説 今井 豊・・・三島由紀夫の『金閣寺』
一冊の詩集 もりたひらく・・・高塚かず子詩集『生きる水』
マイ・フェイバリット・ミュージック
            田村照視・・・ダンスと音楽
エッセイ 神田好能・・・あいゆう日記 ~2016年12月23日 
この詩大好き 梶谷忠大・・・『サンチョ・パンサの帰郷』の詩人・石原吉郎の詩
PHOTO POEM 左子真由美・・・花
世界の詩人たち(9) 水崎野里子・・・アメリカ南部の女流詩人 マリー・C・パラッツォロ
エッセイ 水崎野里子・・・わたしの旅・わたしの愛(7)
             大阪からカリフォルニアへ―アメリカ南部詩人との出会いと再会
竹林館ブックス 志田静枝詩集『夢のあとさき』
        斉藤明典・・・志田静枝さんの花園
詩誌寸感 藤谷恵一郎・・・「うつろい」から「さきわい」へ、そして阻むもの