美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 総合詩誌POとは > 164号 手

164号 手

164号 手

上手 宰   いろいろなことに使う前脚
千木 貢   触れる手、見つめる手
橋爪さち子  極限の手 大岡昇平の『野火』をめぐって
九後 稔   彫刻家の手
藤の樹々   その手に乗る(十五文字のポリフォニー)
北岡善寿   手  ― その相貌
根本昌幸   この手で
佐藤勝太   掌(手)/手の宿命/手の功罪/幸不幸
原 和子   歳月茫々/マネキン人形
中島省吾   猫カフェ
大瀧 満   手
青島江里   てのひらに隠しているものはない
西田 純   人の手 自然の手 自分の手
今井 豊   「手の温もりと癒し」は愛に満ちている

詩のみ、ホームページも公開しております

その他の分野の作品

特集と以下の作品は「総合詩誌PO」をお求めになってお読みください。

扉詩 ハラキン・・・光明
ピロティ 森本 喬・・・映画館のことなど
舞台・演劇・シアター 河内厚郎・・・森本薫のモダニズム
ギャラリー探訪 宮内征人・・・「眺望―二十歳からの飛躍 濱脇 奏―
エンジョイ! シネマ 青山 麗・・・「萌の朱雀」
一編の小説 門脇吉隆・・・赤瀬川隼『王国燃ゆ 小説大友宗麟』余話
一冊の詩集 葉陶紅子・・・〈私の放浪する半身愛される人〉は何処へ行ったのか
              伊東静雄『わがひとに与ふる哀歌』
マイ・フェイバリット・ミュージック
  司 由衣・・・ブラームス『弦楽六重奏曲第一番』第二楽章 叶わぬ恋の果てに
韓国現代詩の今 柳岸津モルチャン・オヤングスフ金宰槿 崔喜圓 訳・韓成禮 監修
PHOTO POEM 長谷部圭子・・・路地/神田好能・・・名も知らぬ木々たち
この詩大好き 水田 雪・・・精霊のままで 山尾三省の「漢字」
長編詩 下前幸一・・・(祈り)メルトダウンのあとに
世界の詩人たち(8) 水崎野里子・・・ロドラ・マグナニト(フィリピン・U.S.A)
エッセイ 水崎野里子・・・わたしの旅・わたしの愛(6)
             フィリピンの若い女性詩人との出会い 二〇一四年大阪にて
竹林館ブックス 佐古祐二詩集『丈高い赤いカンナの花よ』
詩誌寸感 尾崎まこと・・・詩があるという喜び(5)詩を生きること