美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 総目録

総目録

表示順:

71~80を表示中  (総目録の数:315)

詳細へ

著者
門林岩雄
ISBN
978-4-86000-300-5 C0092
本体価格
2,000円

追加  

門林ワールド・セカンドステージ「生きる」へようこそ。   ひたむきな生と性を綴る、物語詩「生きる」男と女の会話が編んでいく人間曼荼羅絵図禅の形に似てくる短詩(言葉が座禅を組んでる短詩)ユーモアに哀愁が漂う……短歌・俳句の5音7音の必然性とこれら伝統的韻律... 詳細

詳細へ

著者
詩・吉田定一/版画・田中 清
ISBN
978-4-86000-296-1 C0092
本体価格
2,300円

追加  

奇妙で不思議で愛らしい野菜たちの色・形・匂い・気配…ふき、さやえんどう、じゃがいも、なすび、みょうが、とうもろこし…おいしい生きざまのまんま朝な夕なの歌が聞こえる                                ふきのうた さらさ... 詳細

詳細へ

著者
中西衛
ISBN
978-4-86000-299-2 C0092
本体価格
2,000円

追加  

20年余の沈黙から現れた美しいことばの波形 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――― 静寂の中にかすかな動きを感じとる、それはそこにないものの気配かもしれないし、または、ないように見えて本当は在るものの佇まいかもしれない。その気配が... 詳細

詳細へ

著者
大野啓子
ISBN
978-4-86000-306-7 C0071
本体価格
2,500円

追加  

KEIKO OHNO     KOKOROMOYOU         二人では        覗き見られぬ        万華鏡        まして互いの        心模様など   色彩豊かな抽象画と、選び抜かれた言葉が織りなす心模様――   ✨✧オールカラー✨✧   ・・・・・... 詳細

詳細へ

著者
榊次郎
ISBN
978-4-86000-298-5 C0092
本体価格
2,200円

追加  

遠く離れた南の島に住む友を思い浮かべる時思いはいつも私の心の中でたゆたうもう島では冬のホタルが飛んでいる頃だろう 30数年の空白の後に編んだ第3詩集 Ⅰ 愛おしい球形Ⅱ 秋色に恋してⅢ 寝てはならぬⅣ 時空旅行Ⅴ 銀河鉄道のコールサック ・‥‥・‥‥・‥‥... 詳細

詳細へ

著者
POの会 編
ISBN
978-4-86000-302-9 C0495
本体価格
800円

追加  

特集 新川和江 嶋岡 晨   K・Sさんに贈る詩岡野絵里子  すぐ其処の遥かな場所 ―新川和江世界の水― 小柳玲子   表札鈴木ユリイカ 見えない神話を探して            新川和江さんの詩について少しばかり加納由将   視点の大きさ左子真由美 ... 詳細

詳細へ

著者
岩井 洋
ISBN
978-4-86000-297-8 C0092
本体価格
2,000円

追加  

待望の新詩集・゜゜・*:.。..。:*・゜ 地下には私たちの知らないもうひとつのドラマがある 私たちの命を支えるその地下水道に寄り添った詩人がいる 端正な眼差しと熱い心で綴られた地下世界の水の音を聞こう   新たな地平に向けて歩き出した詩人の足跡。「モノクロの画像に」「パリ... 詳細

詳細へ

著者
中野武志
ISBN
978-4-86000-292-3 C0095
本体価格
2,300円

追加  

Gasyouan yokou 考えるということの豊穣をあなたへ!―――――――――― 日常生活がどこか絵空事になってきている現代、だからこそ、本書をぜひ繙いてほしい。 生きていること、世界が「在る」ことの不思議さを根底に、言葉の謎、社会の理想と現実、西欧と日本の差異、人間の幸福とは... 詳細

詳細へ

著者
田中幸昭
ISBN
978-4-86000-295-4 C0095
本体価格
1,800円

追加  

ベルリンミュンヘンライプチヒドレスデンの旅  鷗外というミステリー、作品の謎を歩く! 百年のロマンス青春の香気溢れる名作ゆかりの地を訪ね登場人物のモデルに迫る                            目      次          ―――――... 詳細

詳細へ

著者
池永 孝
ISBN
978-4-86000-294-7 C0236
本体価格
1,000円

追加  

竹林館新書 001知は力 「文明という大河のなかの日本」という視座によって見えてくる、あるべき日本の姿読むほどにピンとくる日本論   日本人がわかるあなたがわかる明日がわかる混迷する現代への提言           * 目次より * 第一章 何故、アイデンティティなのか第... 詳細
71~80を表示中  (総目録の数:315)