美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 総目録

総目録

表示順:

61~70を表示中  (総目録の数:321)

詳細へ

著者
外村文象
ISBN
978-4-86000-319-7 C0095
本体価格
1,500円

追加  

      あの詩人の素顔が見える! 人間味あふれる文学交遊録   ―――――――――――――――        琵琶湖の近くで育った外村文象は伝説的な商人の里で、      ふと文学の路を見つけた。以後、来し方を振り返り、      ゆかりの先人の生き方、知己... 詳細

詳細へ

著者
POの会 編
ISBN
978-4-86000-317-3 C0495
本体価格
800円

追加  

特集 笑い 有馬 敲   三好達治の戦後 その諧謔の系譜村田辰夫   「笑い」っこなしよ あっかんべ小川和彦   「笑い」を描く文学について       ドイツ文学にあるのか? 関西と関東、そして、ドイツの「笑い」を比べてみよう上手 宰   暗黙からの再建佐藤... 詳細

詳細へ

著者
花田惠子
ISBN
978-4-86000-304-3 C0095
本体価格
1,400円

追加  

          いのちの讃歌                     *☆.:*・゜゜.:*・゜゜☆.:*・゜゜            ☆.:*・゜゜☆.:*・゜゜☆   ― contents ―     喝 采   ――事故で両足切断、癌、頑張り抜いて生きた夫     おかあさんアリガトウ  ... 詳細

詳細へ

著者
加藤廣行
ISBN
978-4-86000-315-9 C0095
本体価格
2,400円

追加  

新しい調べと様式の発見のために この時代、詩への愛と詩の困難さは別のものではない。その狭間の細い稜線をゆく筆者の眼差しは豊かな詩精神と学識に裏打ちされた強い志に貫かれている。 ⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉  かくし... 詳細

詳細へ

著者
作・おざきまこと/絵・かまくらまい
ISBN
978-4-86000-316-6 C8093
本体価格
1,200円

追加  

 ぼくはここにちゃんといるじゃないか。ママのひざの上に。――――チロリン。             子どもの心(こころ)を持った大人と、          大人の頭脳(おつむ)を持った子どものための、          愛とペーソスに充ちたものがたり詩集。 ... 詳細

詳細へ

著者
稲垣和秋
ISBN
978-4-86000-314-2 C0092
本体価格
2,000円

追加  

詩の前衛を求めるよりも詩の原点を求めて―― もう一度逢いたい人の面影を追って、10年ぶりに訪れた場所には・・・「さようなら 帰らぬ日々よ」、出兵する前日の父との記憶「麦わら帽子」、飢えた子らが夜空を見上げる姿を描く「星屑」など29編。      ──────────... 詳細

詳細へ

著者
清﨑進一
ISBN
978-4-86000-313-5 C0092
本体価格
1,000円

追加  

荒ぶるこころに……耳を澄ませば愛が聞こえる ここに流れているのは、間違いなく孤独のリズムに刻まれた優しさのメロディである。海は潮騒によって数億年間地球を洗い、新しくしてきた。同じような力で、読者は清崎進一さんの詩の世界に魅了されているうちに、いつしか心が... 詳細

詳細へ

著者
浅輪喜行
ISBN
978-4-86000-301-2 C0047
本体価格
1,200円

追加  

京都桂病院 脳神経内科部長山本康正先生 絶賛!! 「これはすごい! 読めば、読むほど、すごい!」 ―――人生はストレスとの闘い   行列のできるお医者さんが  血圧、はかってはかって50余年・・・  花粉症治療、25万人以上・・・   ●―――――――――――――... 詳細

詳細へ

著者
中野敏清
ISBN
978-4-86000-312-8 C0039
本体価格
2,300円

追加  

しん・さかいかがみ 平成の堺風土記*人とともにあらゆる物が集まりふたたび広がる場所(トポス)「堺」は日本の「サカイ」            郷土の歴史等について、私も含め周囲のほとんどの人たちは、         知る機会が少ないことに気づく。         ... 詳細

詳細へ

著者
山本なおこ
ISBN
978-4-86000-309-8 C0092
本体価格
1,500円

追加  

KISHIMIWOTATERUJIKAN   山本なおこは、常にこころの中で甘美に旅支度をしている詩人のようにおもわれてくる。また帰り着くことのない車中の人のように想う。真実を求めてさまよえる仔羊のように、哀しいほど幸せな抒情を、文学の内部に豊かにたたえもっている。 (吉田定一 解説「た... 詳細
61~70を表示中  (総目録の数:321)