美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 総目録

総目録

表示順:

61~70を表示中  (総目録の数:315)

詳細へ

著者
清﨑進一
ISBN
978-4-86000-313-5 C0092
本体価格
1,000円

追加  

荒ぶるこころに……耳を澄ませば愛が聞こえる ここに流れているのは、間違いなく孤独のリズムに刻まれた優しさのメロディである。海は潮騒によって数億年間地球を洗い、新しくしてきた。同じような力で、読者は清崎進一さんの詩の世界に魅了されているうちに、いつしか心が... 詳細

詳細へ

著者
浅輪喜行
ISBN
978-4-86000-301-2 C0047
本体価格
1,200円

追加  

京都桂病院 脳神経内科部長山本康正先生 絶賛!! 「これはすごい! 読めば、読むほど、すごい!」 ―――人生はストレスとの闘い   行列のできるお医者さんが  血圧、はかってはかって50余年・・・  花粉症治療、25万人以上・・・   ●―――――――――――――... 詳細

詳細へ

著者
中野敏清
ISBN
978-4-86000-312-8 C0039
本体価格
2,300円

追加  

しん・さかいかがみ 平成の堺風土記*人とともにあらゆる物が集まりふたたび広がる場所(トポス)「堺」は日本の「サカイ」            郷土の歴史等について、私も含め周囲のほとんどの人たちは、         知る機会が少ないことに気づく。         ... 詳細

詳細へ

著者
山本なおこ
ISBN
978-4-86000-309-8 C0092
本体価格
1,500円

追加  

KISHIMIWOTATERUJIKAN   山本なおこは、常にこころの中で甘美に旅支度をしている詩人のようにおもわれてくる。また帰り着くことのない車中の人のように想う。真実を求めてさまよえる仔羊のように、哀しいほど幸せな抒情を、文学の内部に豊かにたたえもっている。 (吉田定一 解説「た... 詳細

詳細へ

著者
清沢桂太郎
ISBN
978-4-86000-310-4 C0092
本体価格
2,000円

追加  

Kiyosawa Keitaro   人生を受けとめ、よりよく生きていこうとする詩。――――――――――――――――――――――――― 清沢さんは、「私の孫たちが、この苦しみで充ち満ちた人生を、少しでも前向きに捉えることができるようにという思いから」詩集を上梓したと語る。元来詩は、... 詳細

詳細へ

著者
春木吉彦
ISBN
978-4-86000-305-0 C0495
本体価格
800円

追加  

2015年夏 創刊号      < 目 次 >    詩・堺へ歸らう―――河井醉茗 Ⅰ 熊野(湯屋)町に なぜ晴明の辻が            =陰陽家・占星術師 安倍晴明をめぐり   堺 大小路→堺 東湊   野上弥生子『秀吉と利休』                 ... 詳細

詳細へ

著者
POの会/編
ISBN
978-4-86000-311-1 C0495
本体価格
800円

追加  

特集 顔・フェイス 一色真理    萩原朔太郎の詩と『猫町』に見る        「顔」について菊田 守    動物の顔―小動物の貌(かお)冨上芳秀    顔と仮面と髪の毛と新城兵一    鏡に映る「老人の顔」根本昌幸    鏡の中の顔吉田定一    「顔」に... 詳細

詳細へ

著者
三浦千賀子
ISBN
978-4-86000-308-1 C0092
本体価格
1,500円

追加  

あなたに伝えたいことがある。地下鉄の改札口で、体育館で、パソコン教室で、街角で・・・             出会いがあれば、今日という日は奇跡の一日          さりげないけれど、ひたむきな一日が          詩になった。          三... 詳細

詳細へ

著者
伊原正躬
ISBN
978-4-86000-303-6 C0095
本体価格
1,600円

追加  

Paysage d'amour ピエール・ロチという夢と欲望の船 フランス生まれの軍人、ピエール・ロチは1870年、海軍少尉に任命され、軍務で世界各地を巡った。そして、現地の若い女性と恋をし、そのロマンスを小説に著した。21世紀の今、著者はその足跡を辿り、彼のロマンティシズムとエキゾティシ... 詳細

詳細へ

著者
吉田叡隆
ISBN
978-4-86000-307-4 C0092
本体価格
2,000円

追加  

54の鐘の音が響き渡る―堂々たる人間賛歌   宇宙の曼荼羅に人生の曼荼羅を重ね、自己の位置を測定するジャイロスコープ。この詩集は氏の建てたもうひとつの伽藍といえるだろう。   氏の教養、人間性は、凡人の域を超えた人だけに、その詩心には、仏教の祈りがあり、現実の... 詳細
61~70を表示中  (総目録の数:315)