美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 総目録

総目録

表示順:

271~280を表示中  (総目録の数:315)

詳細へ

著者
左子真由美
ISBN
978-4-86000-91-9 C0092
本体価格
1,500円

追加  

  誰かを愛したら、そっと開いて  みてください。手帖のように、  あなたのそばに置いて。恋をしている大人と恋を忘れた大人へあなたのひつじさんはどこに?       宣言*デクララシオン  よるのそらには  たくさんのせいざがあって  みようとするひとにだけ ... 詳細

詳細へ

著者
竹内正企
ISBN
978-4-86000-280-0 C0092
本体価格
1,800円

追加  

うたのあこがれ   うたの思い出   次の世代へ手渡したい歌のつくってきた時があること歌のつくってきた郷〈くに〉があること   琵琶湖のほとりからおくる詞・歌・詩 エッセイ* 滋賀の作詞家たち/大詩人 西條八十とハーモニカ/        ... 詳細

詳細へ

著者
水崎野里子
ISBN
978-4-86000-87-0 C0092
本体価格
800円

追加  

  何ページか読んだとき、あなたは周りに  ふいに風が吹きはじめているのに気づくだろう。  それはライト・グリーンの風だ。  水崎野里子の魅力に満ちた言葉たちの。        あなたと夜 夜が光る あなたが光るように あなたが光る 夜が光るように あなたと夜... 詳細

詳細へ

著者
伊東静雄
ISBN
978-4-86000-90-0 C0092
本体価格
2,800円

追加  

  復刻版  いま新しい現代詩の指標として    過去六十年になろうとするこの詩集は  戦後という読者にとっては未知の原風景を再現せずにはおかない。       小川和佑「解題」より     昭和22(1947)年に発行された伊東静雄の第四詩集。「わがひとに与ふる哀歌... 詳細

詳細へ

著者
詩を朗読する詩人の会「風」
ISBN
978-4-86000-85-4 C0092
本体価格
2,500円

追加  

  日本一の例会数350  さらに詩の愛好者の輪を広げ続ける  詩を朗読する詩人の会「風」の記録と詩人たちの作品集  心から心へ 言葉が生み出す人と人とのつながりが 明日の夢をつくり出します    こんなに続くとは誰も思っていなかった。資料もわずかしかない。百回を迎... 詳細

詳細へ

著者
岩井 洋
ISBN
978-4-86000-84-6 C0092
本体価格
1,500円

追加  

  人生の波瀾の中で起きるさまざまな雑事ー  リアルな目とあつい心で見つめる詩人  批評性と叙情性の結合した作風は  誰の心をも打つものである。        進化の過程で進化の過程で僕らが失ったもの遠い地平を見る目方位磁石逞しい野生の力大きくなるにつれ僕が失... 詳細

詳細へ

著者
牛島富美二
ISBN
978-4-86000-80-3 C0092
本体価格
800円

追加  

切り立つ言葉、刻み込まれた句  自然を、人事を、縦横に詠みわける  奥行きのある句集妻の夢買わんと言いし松の内雪舞えば弥生の末を着膨れる紅梅や椿の色を超ゆる昼散る花に襲われている選手かな横風をほしいままなる猫柳 詳細

詳細へ

著者
中野武志
ISBN
978-4-86000-81-1 C0093
本体価格
2,300円

追加  

多くのものをあきらめ、一筋に進んだ。  運命の犬、祖母の溺愛、泣かされ少女、贋の親友、沈黙の画家     サラリーマン社会の様々な別れ…    小さな出来事に深々とした思いを重ねて、    非凡に生きたいと願った男の人生の四季。  上田は、男のことを思うと... 詳細

詳細へ

著者
永井聿枝
ISBN
978-4-86000-71-4 C0092
本体価格
1,000円

追加  

  情熱が切り開く  情熱が人々の協力を吸いよせる  唐招提寺北原白秋歌碑建立までのいきさつと  それを支えた女性の自伝   熱望した白秋歌碑建立が現実となるまでの詳細な記録 「唐招提寺の白秋歌碑建立経緯」。古より続く名家の 家系を辿ると共に、自身の波瀾に満ち... 詳細

詳細へ

著者
佐倉圭史
ISBN
978-4-86000-79- C0292
本体価格
800円

追加  

世が私を置いて遊び始めた  世が私だけを置き去りにして遊び始めた  かつて友達だった母なる土や、砂も  私だけを置き去りにして  地上を離れた                 (「世が遊ぶ」より)  孤高の感性が、磨かれたレトリックが、都市の真裸を呵責なく  ... 詳細
271~280を表示中  (総目録の数:315)