美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 総目録

総目録

表示順:

251~260を表示中  (総目録の数:315)

詳細へ

著者
牛島富美二
ISBN
978-4-86000-110-9 C0292
本体価格
800円

追加  

   永遠に繰り返される潮騒の響きのように、   押し寄せてくる日本の、地球の不気味な音。   切り裂くように、生命の羽ばたく音がする。   この詩集は現代の防人の歌であり   たぐいまれなる森羅万象への恋歌である。深草のみやこなまり   そのみやこなまりに ... 詳細

詳細へ

著者
門脇吉隆
ISBN
978-4-86000-108-7 C0095
本体価格
1,500円

追加  

始めるには少し遅いが、あきらめるには早すぎる走るのは楽じゃないけど…走るとわかることがいっぱいある人との出会い、自然の発見、新しい自分彼は力強く私の肩を叩いた。「もう着いたようなもんだ。君は勝ったんだ。         「ホノルルマラソン本番を走る」より ... 詳細

詳細へ

著者
Shig
ISBN
978-4-86000-88-9 C0292
本体価格
800円

追加  

……ここにもあそこにも自分がいる。そこにも。でも、独りぽっちの<複数形>。わたしを探して行間をさまよえば、リリシズムはいつしか諧謔と癒しを仲間として読む者を存在の迷宮へ。竟に読者は一人の<私>とも出会うことはないでしょう。<私>ー<文学機械>。言葉... 詳細

詳細へ

著者
岡本真穂
ISBN
978-4-86000-109-5 C0092
本体価格
1,600円

追加  

   岡本さんのこの詩文集に吹いているのは   伝統とモダンの交差する神戸の抒情の風だ神戸という花の香りのエッセンスを閉じ込めた香水瓶のように           ※      じんじんと胸にひびくことばは   生きる喜びとかなしみを謳いあげる特攻の花   行... 詳細

詳細へ

著者
佐倉圭史
ISBN
978-4-86000-107-9 C0192
本体価格
800円

追加  

先も見えない現代において、どう生きるか?佐倉圭史詩文集には、一つの批評性が貫かれ、時代への苦闘が表現されている。    冬の遠近法  私から遠く佇むある番人は  誰をも待つことが出来ずに、  ただただ、ため息をついていて  同じ頃、私は、自分なりの  冬の物語... 詳細

詳細へ

著者
岩国正次
ISBN
978-4-86000-106-0 C1900
本体価格
800円

追加  

母と過ごした路地裏には、朽ち果てぬ故郷が眠っている。いつもそこに還りたいがしかし人間に目覚めれば辛く、前進する姿勢を風が阻もうとも生きぬき様の一里塚をここに建設しよう。だからこそ書くのだ。    生命(いのち)の海  延命それとも  在宅での看取り往診医の声で... 詳細

詳細へ

著者
岡田光司
ISBN
978-4-86000-104-4 C2034
本体価格
1,429円

追加  

無名の会社が取り上げられた! 著者岡田光司さんは元毎日新聞の記者で現在は経営者。本書は、記事を書く側と書いてもらう側、その双方からの経験を基に、プレスリリースの書き方、マスコミへのアプローチの仕方、取材を受けるコツなどを、体験を交えつつ具体的に解説したもの。実... 詳細

詳細へ

著者
小川和佑
ISBN
978-4-86000-102-8 C0095
本体価格
1,500円

追加  

よみがえる昭和ノスタルジイ 昭和の文学が描いた食は人間の生きる哀しみに満ちている。繁栄の現在の時間の、はるか半世紀の彼方にこの哀しみがある。しかし、その哀しみに立ち会い、涙を流した人々の多くは老い、死んでいった。やがて、小説や記録に書き残された文学という抽象的... 詳細

詳細へ

著者
大阪文化団体連合会編集
ISBN
978-4-86000-103-6 C0000
本体価格
4,000円

追加  

約2000団体のデータを掲載、各文化施設の所在地など網羅「大阪文化団体連合会」(会長齋藤守慶 毎日放送最高顧問)は、活動の主な拠点を大阪府内に置く芸術・文化団体が協力して、大阪の文化振興と相互の交流を図るため、全国にさきがけて1978年6月に結成されたものです。大阪におけ... 詳細

詳細へ

著者
若嶋眞吾
ISBN
978-4-86000-105-2 C0310
本体価格
1,900円

追加  

私たちは進化途上の現在 脳はフレキシブルな適応機構―「幸福」へむけてどう舵取りするのか?21世紀の知を代表する科学技術に対しもう一つの「知」を提案する。「人はそれぞれの自分の世界観をもっているといわれますが、それは宇宙観と言いかえてもそれほど的外れというわけでは... 詳細
251~260を表示中  (総目録の数:315)