美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 総目録

総目録

表示順:

241~250を表示中  (総目録の数:327)

詳細へ

著者
中尾彰秀
ISBN
978-4-86000-130-8 C0092
本体価格
3,000円

追加  

マグマとなって 噴出する 詩人の魂は聖性を帯びた 癒しの 風を 巻き起こす 南方熊楠へのオマージュと称された、ピアノインプロヴィゼイション13曲入りCD付き。前代未聞、詩人による詩を譜にしたヒーリングクラシックピアノソロをぜひお楽しみ下さい。 おーむまにぺむふーむ ... 詳細

詳細へ

著者
牛島富美二
ISBN
978-4-86000-132-2 C0192
本体価格
800円

追加  

人は時の流れを下る一艘の抒情の舟である。その風景は絶景である必要はない。  ラムネ振る記憶の底の酷暑かな 詩人のこころ優しい詩句にみちびかれながら言葉の旅をしていると静かな感動とともに時の流れに刻まれていくのが風景ではなくてむしろ私たちであるというコペルニクス的... 詳細

詳細へ

著者
松梨順三郎
ISBN
978-4-86000-126-1 C3051
本体価格
2,000円

追加  

<本書の要点>Navier-Stokes方程式および拡散方程式の移流の各項に注目し、係数としての流速成分を、計算時間レベルで一時的に既知化しそれぞれの線形方程式の基本解が誘導されている。それらの基本解を積分方程式としてのグリーンの公式に導入して、各方程式を離散化している。あわ... 詳細

詳細へ

著者
村田辰夫
ISBN
978-4-86000-135-3 C0092
本体価格
1,500円

追加  

江戸・元禄時代から伝えられている「大津絵」を今に甦らす現代詩ユーモア、風刺、方言を盛り込んだ戯れ歌大津絵画賛の詩 江戸は元禄の時代から滋賀県大津に伝わっている「大津絵」。その大津絵をモチーフにまとめられたユニークな詩集です。中には大津絵の楽しい絵がカラーやモノ... 詳細

詳細へ

著者
津坂治男
ISBN
978-4-86000-134-6 C0023
本体価格
2,000円

追加  

閉塞の時代にこそ、志を―― 250年前に生まれた一人の若者を巻き込んだ詩と儒の嵐 伊勢国四日市平尾に生まれ、苦難を乗り越え、不遇に耐えながら、学問と改革を問い続けた男。津藩初代督学津坂東陽の瞠目の業績と、『杜律詳解』などに秘められた時代と生と成就のすがたをあざや... 詳細

詳細へ

著者
晴 静
ISBN
978-4-86000-133-9 C0092
本体価格
1,200円

追加  

待ちどおしい   あいたい    イトオシイ…    その日が    その瞬間が     そのすがたが…         とても とても は         小鳥のかたち        つぼみのかたち           そして         望みのかた... 詳細

詳細へ

著者
原 圭治
ISBN
978-4-86000-127-8 C0092
本体価格
1,800円

追加  

第一詩集のはじめに置かれたこの詩が、予言しているかのように、孤立ではなく「連帯への強い意志」が詩人の58年間に渡る詩業を支えている。これを可能にしているのは、氏の自・他を相対化する批評の眼、動かしがたい土塊(リアル) を見つめる眼、そのむこうの太陽(時代の希望... 詳細

詳細へ

著者
蔭山辰子
ISBN
978-4-86000-125-4 C0092
本体価格
2,000円

追加  

風景の後ろに見え隠れするもうひとつの風景から 鳥のように詩が飛び立つ。 深い思いをさりげないことばに託して謳う詩人。 かわいい童謡のような詩やきっぱりした反戦平和の詩もあり、 読者を感動させ、楽しませてくれます。    ころころころろ なんの音    ころころ... 詳細

詳細へ

著者
水崎野里子・左子真由美編
ISBN
978-4-86000-128-5 C0098
本体価格
2,500円

追加  

日本の詩人により、反戦・平和への願いを世界へ対訳方式ではない、英語詩のアンソロジーを世界に発信 本書は、10人の著者(郡山直、伊原五郎、川端律子、木村淳子、水崎野里子、小川聖子、岡隆夫、多喜百合子、矢口以文、吉村伊紅美の各先生)の英語だけによるアンソロジーです。... 詳細

詳細へ

著者
伊原正躬
ISBN
978-4-86000-124-7 C0095
本体価格
1,500円

追加  

甦る昭和の熱と青春 あなたはあなたを生きただろうか? 未来への希望や情熱がまだ生きていた1960年代。それは戦後日本の青春時代であった。本書は、時代の青春と個人の青春が重なった貴重な記録である。 二度とかえらない甘くて苦い季節の風が あなたの心の想い出のページを ... 詳細
241~250を表示中  (総目録の数:327)