美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 総目録

総目録

表示順:

221~230を表示中  (総目録の数:315)

詳細へ

著者
佐藤勝太
ISBN
978-4-86000-145-2 C0092
本体価格
2,000円

追加  

語り伝えたい昭和の光と影と、見果てぬ夢がここにある。それは、記憶の木漏れ日となって読む人の心の部屋を満たすだろう。詩は老いることのない記憶である。 修辞ではない詩の核、生きることの核がはにかみを含んだユーモアを伴って描かれる。それは、少年の日の笑顔ではないだろ... 詳細

詳細へ

著者
大阪文化団体連合会
ISBN
978-4-86000-146-9 C0000
本体価格
4,000円

追加  

『大阪府文化芸術年鑑』(大阪文化団体連合会編)の2008年版が出来ました! (大阪文化団体連合会は約2000団体を抱える大きな組織です。)索引もついてさらに見やすく、レイアウトもより一層美しくなりました。大阪の文化・芸術を一望でき、この一年の各分野の歩みを知る... 詳細

詳細へ

著者
伏谷勝博
ISBN
978-4-86000-140-7 C0095
本体価格
1,300円

追加  

郷土(ふるさと)への思い エッセイで綴る河内風土記----------------------------------------------様々な歴史の舞台となった河内豊かな自然と文化を育んできた河内日本のふるさとでもある河内・・・失われようとしているなつかしい風景と記憶がここにある。 河内野・れんげ田・寺ヶ池・延命寺・... 詳細

詳細へ

著者
橋本啓一
ISBN
978-4-86000-138-4 C0345
本体価格
1,600円

追加  

あなたの細胞は知っている生きる意味生きる知恵 人生の羅針盤となる楽しい生物学  夢がこわれてしまったとき、あなたならどうしますか。人は夢に生きる生物です。夢がない人生は生きる値打ちを失ってしまったようなものです。生物の夢を他の言い方にすれば、夢は遺伝子といいかえ... 詳細

詳細へ

著者
杉山平一
ISBN
978-4-86000-139-1 C0092
本体価格
800円

追加  

今、現代詩の道標として    時を超え、現代の詩として甦った   昭和18年の名詩集。 昭和18年刊行の名詩集です。活字や旧字・旧かなづかいは現代表記に改めていますが、表紙やカバー、目次、改行・改頁など初版をそのまま再現致しました。完全版として貴重なテキストであるとと... 詳細

詳細へ

著者
尾崎まこと
ISBN
978-4-86000-137-7 C0092
本体価格
2,000円

追加  

たとえば、空の向こうがわ    詩は「何か」ではなく、「誰か」である。      新しい抒情へ 詩のルネサンス ☆.。.:*・゜ -=-=-=-=-=-「カメラ・オブスキュラ」とはラテン語で「暗い部屋」の意味、カメラの語源小孔またはレンズのついた暗箱で、写真機発明以... 詳細

詳細へ

著者
中田豊一
ISBN
978-4-86000-131-5 C0036
本体価格
2,400円

追加  

現代人はなぜうまくコミュニケーションが取れないのか?現場の教師、福祉に携わる方々、人間関係で悩むあなたへ―国際協力事業の活動と要請によって培われたコミュニケーションのメソッドを伝える目からうろこの実践的人間関係論!  このごろまた、テレビで「男はつらいよ」の映... 詳細

詳細へ

著者
今 猿人
ISBN
978-4-86000-136-0 C0192
本体価格
800円

追加  

すべてが比喩である…という激しい、抒情  ――そのまっすぐさが、読む人に勇気を与える 現代詩が修辞の時代といわれてからほとんど失われてしまった言葉の奥行きと抒情。言葉の奥にあったものとは一言でいえば詩の背後にある詩人の「人生」であった。逆説的であるけれど、今... 詳細

詳細へ

著者
中尾彰秀
ISBN
978-4-86000-130-8 C0092
本体価格
3,000円

追加  

マグマとなって 噴出する 詩人の魂は聖性を帯びた 癒しの 風を 巻き起こす 南方熊楠へのオマージュと称された、ピアノインプロヴィゼイション13曲入りCD付き。前代未聞、詩人による詩を譜にしたヒーリングクラシックピアノソロをぜひお楽しみ下さい。 おーむまにぺむふーむ ... 詳細

詳細へ

著者
牛島富美二
ISBN
978-4-86000-132-2 C0192
本体価格
800円

追加  

人は時の流れを下る一艘の抒情の舟である。その風景は絶景である必要はない。  ラムネ振る記憶の底の酷暑かな 詩人のこころ優しい詩句にみちびかれながら言葉の旅をしていると静かな感動とともに時の流れに刻まれていくのが風景ではなくてむしろ私たちであるというコペルニクス的... 詳細
221~230を表示中  (総目録の数:315)