美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 総目録

総目録

表示順:

201~210を表示中  (総目録の数:315)

詳細へ

著者
水崎野里子・左子真由美 編
ISBN
978-4-86000-162-9 C0098
本体価格
2,500円

追加  

v日本の詩人から、反戦・平和への願いを世界へ発信した 『Poems of War and Peace』に続く、英語詩集です。今回のテーマは「自然と平和」。環境問題や自然との共生、核兵器反対など、題材はさまざま。地球規模の視野から、あるいは身近な自然の美しさを通して、地球全体の平和を願う、日本... 詳細

詳細へ

著者
安田和子
ISBN
978-4-86000-163-6 C0021
本体価格
2,000円

追加  

──白鳳という名の時代── 正史に白鳳という年号はありません。その美しい時代名は私たちの脳裏のどこかにいつもそっと息づいています。 ───────────────────────────── 大きな歴史のうねりから華ひらいた白鳳時代に迫る歴史研究書      文化... 詳細

詳細へ

著者
関 中子
ISBN
978-4-86000-160-5 C0092
本体価格
1,200円

追加  

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ 現代詩の多くは心の垂直軸を失ってしまい、ことばの連想ゲームに陥り、平面を行変えで行進していく散文化の傾向にある。これに対して、関さんの一行、一行には重力が確かに働いている。重力に拮抗して言葉の揚力がある。言葉の羽ばた... 詳細

詳細へ

著者
浅輪喜行
ISBN
978-4-86000-161-2 C0047
本体価格
2,000円

追加  

大好評だった前著に<アサワ式養生訓>も加えた改訂版!ページ数も3倍、カラーイラスト、資料も多数掲載。 60種類以上のアレルギーを持ち、花粉症に悩みながらも見事に克服した著者自身の体験やデータも交え、生活改革の必要性と花粉症治療の注射の効果をわかりやすく解説。医師と... 詳細

詳細へ

著者
田中五雄
ISBN
978-4-86000-159-9 C0095
本体価格
900円

追加  

人生の岐路に立ったときほんとうに役立つ一冊 人生のベテランドライバーが語る教科書では教えなかったちょっと辛口の人生語録これで信号は青! 「心を開き、願い生きていれば大体のことはできる・実現する」 今までがんばりすぎてきた人は、もうちょっと肩の力を抜いてみたら?がん... 詳細

詳細へ

著者
髙野信也
ISBN
978-4-86000-157-5 C0092
本体価格
800円

追加  

ここに書かれているのは43の楽譜です。演奏するのはあなたです。ベートーベンよりすごいです。コツはたったひとつ・・・素直なこころです。     地図閉じて  歩き始めたから歩き続けている 決められたわけでもなくでもやめる気もなく ときに 迷うと休みたくなり 地図を開... 詳細

詳細へ

著者
全国生活語詩の会 編
ISBN
978-4-86000-156-8 C0092
本体価格
2,000円

追加  

ことばにいのちを         いのちに夢を 詩人の立つそれぞれの場所から懐かしい風が吹いてくる、未来の声が聞こえるいま、取れたてのことば日本列島122人の交響詩 生活語というと、ぬか味噌くさい。あるいは泥くさい。人間の暮らしの汗や匂いがしみ込んで野暮ったく、垢抜... 詳細

詳細へ

著者
津坂治男
ISBN
978-4-86000-158-2 C0092
本体価格
2,000円

追加  

著者の歩いてきた道より響いてくる清明なリズム。いのちの大切さをやさしく語ることばはあなたのこころに架かる消えない虹となるだろう。 千切れたらいったんうずくまろうぬめった大地に ミミズのように分身は捨ておくことだ世の中見限ったものじゃない「きぼう」は、遠い星の中... 詳細

詳細へ

著者
牛島富美二
ISBN
978-4-86000-155-1 C0092
本体価格
800円

追加  

レトリックということばの器からあふれ出ざるを得なかったいのちのリズム虚空に放たれ、翼を得たことばは新時代の歌となって読者の胸に着地するだろう                   (帯文より) カタカナであるいはひらがなで表現された文字を、読み手が漢字に変換する... 詳細

詳細へ

著者
山田郁生
ISBN
978-4-86000-154-4 C0095
本体価格
2,000円

追加  

人生、なお途次               (本文のことばより) 長く物理学や教育に携わってきた著者が古今東西におよぶ深い学識から、やさしい言葉で語りかける生きる勇気と知恵     < 目 次 >    晩年に想う   生きる―発達と退行―   〝抜けがら〟と本体... 詳細
201~210を表示中  (総目録の数:315)