美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 総目録

総目録

表示順:

151~160を表示中  (総目録の数:327)

詳細へ

著者
木村彌一
ISBN
978-4-86000-231-2 C0092
本体価格
2,200円

追加  

詩と絵の饗宴新しいビジュアルポエムの世界   この『絵想詩』は、詩と絵(パソコン使用)がコラボレートすると、 どんなものができるのかと思い、試みた詩画集です。 (「あとがき」より)   オールカラーの挿画。 グレーや黒の背景に浮き上がる詩のことば。 「かえれな... 詳細

詳細へ

著者
春木吉彦
ISBN
978-4-86000-227-5 C0092
本体価格
2,700円

追加  

カンタービレ 春の風 ユキワリソウはほんのわずかずつ眠りを包んだ重い雪を 夢をとかすごとく日々に そのうるおいは 太陽に目覚め 白く 淡紅色の小さな花開き 今日と明日の架橋の 夢は無を 無は夢の、冬の旅のせせらぎに 早春の音符。人呼ぶこだまは 川霧の空に飛ぶ春... 詳細

詳細へ

著者
伊原正躬
ISBN
978-4-86000-226-8 C0095
本体価格
1,600円

追加  

―100年後のフランス・イタリア・アルジェリア紀行― かつてこんな危険な小説があった――――――――――本書にはジイドの「X(エクス)」を巡る3つの旅がある。 考古学者ミシェルと妻マルスリーヌの波瀾に満ちたミステリアスな旅。100年後、彼らを追跡する日本人夫婦の旅。そし... 詳細

詳細へ

著者
吉田 薫
ISBN
978-4-86000-229-9 C0093
本体価格
1,000円

追加  

―――――――自己からの脱走。  あしたへの脱獄。――――――― 羅徳明、その壮絶な愛と生きざま!この迫力は小説を超えた。           □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□             徳明は塀の外側に両手をかけてぶら下が... 詳細

詳細へ

著者
後藤とも子著/河井洋編
ISBN
978-4-86000-230-5 C0092
本体価格
1,500円

追加  

ふっくらと襟かき合わせ蕗の薹*葉ざくらや通学自転車やり過ごす*夕風にしゃんと起ちいる早苗かな*廂より垂る尾の細し避暑の猫*燃え尽きて元の堤や彼岸花*ろう梅のつぼみ喰むひよ追いがたし 「芦笛通信」に発表した俳句を一冊の本にしてあげますと、何かいいかげんな口約束を姉の後藤... 詳細

詳細へ

著者
鈴木孝夫
ISBN
978-4-86000-228-2 C0014
本体価格
1,300円

追加  

♥ 幸せの絆ああ ●――――――――――――●幸せの深さは 絆の深さであり幸せの強さは 絆の強さであり幸せの大きさは 絆の広がりであり人道の広がりであり 里山と自然人類と青き星の絆でもある。     ----- 目 次 -----     Ⅰ プロローグ     Ⅱ 紀元前... 詳細

詳細へ

著者
三浦千賀子
ISBN
978-4-86000-224-4 C0092
本体価格
1,428円

追加  

Miura Chikako ..。:*・゜゜・*:.。*   この優しさは強さである ――――――――――   日々、我々が通り過ぎてしまっている   都市の片隅でうつむくばかりのまなざしや、   空の彼方を虚ろに漂うまなざしを   わたしのものとして抱きしめる   強さと優しさをこれ... 詳細

詳細へ

著者
森 哲弥
ISBN
978-4-86000-223-7 C0095
本体価格
1,800円

追加  

考えるよろこび ― 暮らしの水源――――――――――――――――ようやく、とても身近な「森さん文章」に出会えました。たぶん、私も含めたかつての仕事仲間がこの本を手にした時、私と似た感情を抱くと思います。これまで発表された詩集とは違って、同じ時代のよく似た環境と暮... 詳細

詳細へ

著者
おれんじゆう
ISBN
978-4-86000-225-1 C0092
本体価格
1,500円

追加  

おれんじさんのことばは    見える、聞こえる、    おれんじさんのことばと    握手もできる    一緒に泣いたり笑ったりできる     おれんじさんのことばは    まるごと信じることができる             尾崎まこと              ... 詳細

詳細へ

著者
伏谷勝博
ISBN
978-4-86000-221-3 C0095
本体価格
1,300円

追加  

河内は面白い 河内は深い――――――――――   古代より時代を代表する武将と宗教家が   活躍した「河内」という舞台   忘れられようとしている日本のふるさとが   河内にはある   都の大路ではなく、棚田の畦を歩くように   語り伝える河内の風土     ... 詳細
151~160を表示中  (総目録の数:327)