美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 総目録

総目録

表示順:

151~160を表示中  (総目録の数:331)

詳細へ

著者
佐藤勝太
ISBN
978-4-86000-235-0 C0092
本体価格
2,000円

追加  

追憶の中の少年の日        まだ見ぬ未来へ向かって                                。. .。.:*・゜゜     「語れや 君 そも若き折 何をか為せし」という    ヴェルレーヌの詩句が、頭に浮ん... 詳細

詳細へ

著者
髙野信也
ISBN
978-4-86000-233-6 C0192
本体価格
800円

追加  

ポエム・ポシェット30*Takano Nobuya           生あくびをしているあなたへ、        泣きじゃくっているあなたへ、        このことばたちは、とれたての果物です。         肩の凝らないデッサンは        ぼくらのこころをくっきりほん... 詳細

詳細へ

著者
奥村和子
ISBN
978-4-86000-232-9 C0095
本体価格
2,300円

追加  

南河内の明星派 発掘 与謝野寛・晶子に「河内の善次」と愛された中谷善次(なかやぜんじ)。大正・昭和の抒情と風景が、今よみがえる。善次の全短歌掲載。 富田林の石上露子ゆかりの歌人第一次明星派のローマンチシズムの華やぎと真実その血統を継ぎ名もなき後継者として栄えある... 詳細

詳細へ

著者
清沢桂太郎
ISBN
978-4-86000-238-1 C0092
本体価格
2,000円

追加  

詩歴40年にわたる著者の第一詩集精神の遍歴の記録―――――――――――――      花が咲くという不思議、星が輝くという不思議     星と私を結ぶ、ことばの不思議     それは、生きているということの不思議    清沢さんは科学者として見つめるように考える... 詳細

詳細へ

著者
木村彌一
ISBN
978-4-86000-231-2 C0092
本体価格
2,200円

追加  

詩と絵の饗宴新しいビジュアルポエムの世界   この『絵想詩』は、詩と絵(パソコン使用)がコラボレートすると、 どんなものができるのかと思い、試みた詩画集です。 (「あとがき」より)   オールカラーの挿画。 グレーや黒の背景に浮き上がる詩のことば。 「かえれな... 詳細

詳細へ

著者
春木吉彦
ISBN
978-4-86000-227-5 C0092
本体価格
2,700円

追加  

カンタービレ 春の風 ユキワリソウはほんのわずかずつ眠りを包んだ重い雪を 夢をとかすごとく日々に そのうるおいは 太陽に目覚め 白く 淡紅色の小さな花開き 今日と明日の架橋の 夢は無を 無は夢の、冬の旅のせせらぎに 早春の音符。人呼ぶこだまは 川霧の空に飛ぶ春... 詳細

詳細へ

著者
伊原正躬
ISBN
978-4-86000-226-8 C0095
本体価格
1,600円

追加  

―100年後のフランス・イタリア・アルジェリア紀行― かつてこんな危険な小説があった――――――――――本書にはジイドの「X(エクス)」を巡る3つの旅がある。 考古学者ミシェルと妻マルスリーヌの波瀾に満ちたミステリアスな旅。100年後、彼らを追跡する日本人夫婦の旅。そし... 詳細

詳細へ

著者
吉田 薫
ISBN
978-4-86000-229-9 C0093
本体価格
1,000円

追加  

―――――――自己からの脱走。  あしたへの脱獄。――――――― 羅徳明、その壮絶な愛と生きざま!この迫力は小説を超えた。           □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□             徳明は塀の外側に両手をかけてぶら下が... 詳細

詳細へ

著者
後藤とも子著/河井洋編
ISBN
978-4-86000-230-5 C0092
本体価格
1,500円

追加  

ふっくらと襟かき合わせ蕗の薹*葉ざくらや通学自転車やり過ごす*夕風にしゃんと起ちいる早苗かな*廂より垂る尾の細し避暑の猫*燃え尽きて元の堤や彼岸花*ろう梅のつぼみ喰むひよ追いがたし 「芦笛通信」に発表した俳句を一冊の本にしてあげますと、何かいいかげんな口約束を姉の後藤... 詳細

詳細へ

著者
鈴木孝夫
ISBN
978-4-86000-228-2 C0014
本体価格
1,300円

追加  

♥ 幸せの絆ああ ●――――――――――――●幸せの深さは 絆の深さであり幸せの強さは 絆の強さであり幸せの大きさは 絆の広がりであり人道の広がりであり 里山と自然人類と青き星の絆でもある。     ----- 目 次 -----     Ⅰ プロローグ     Ⅱ 紀元前... 詳細
151~160を表示中  (総目録の数:331)