美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 総目録

総目録

表示順:

131~140を表示中  (総目録の数:315)

詳細へ

著者
神田好能
ISBN
978-4-86000-240-4 C0095
本体価格
1,800円

追加  

Kanda Kono*☆.:*・゜゜.:*・゜゜☆.:*・゜゜☆.:*・゜゜☆.:*・゜゜☆ 本書には好能さんの若い時代の詩やエッセイから、最新のものに至るまで、好能さんご自身で選ばれた「好能さんのエッセンス」がいっぱい詰まっています。精神の自立を求めて闘う女は、同時に平和を願う女であり、愛する... 詳細

詳細へ

著者
木原由布子
ISBN
978-4-86000-237-4 C0092
本体価格
1,200円

追加  

白鳥の様に青空羽ばたく日白線の誓い◆――――――――――――――――◆        三十一粒で奏でるセンチメンタルジャーニー       ことばは果実        飛べことばたち       海を越え山を越え街を越えて       見知らぬあなたの胸へ    ... 詳細

詳細へ

著者
佐古祐二
ISBN
978-4-86000-234-3 C0095
本体価格
2,600円

追加  

佐古祐二評論集Sako Yuji 明快な語り口で現代の詩人と詩の魅力を論じ、芸術の未来をも洞察する鋭いまなざし。  (詩人・有馬 敲) □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ (本書は)詩に求心しつつ広範なテーマを対象として書いています。黒... 詳細

詳細へ

著者
近藤八重子
ISBN
978-4-86000-239-8 C0000
本体価格
2,000円

追加  

Kaiba no Shiori               *☆.:*・゜゜.:*・゜゜☆.:*・゜゜☆.:*・゜゜☆.:*・゜゜☆   近藤さんのことばは、紙の上で生まれたことばではなく、少なからず苦しみを伴う生活の実体験から出てきたことばであるだろう。そして、何より素晴らしいことは、近藤さんのこと... 詳細

詳細へ

著者
佐藤勝太
ISBN
978-4-86000-235-0 C0092
本体価格
2,000円

追加  

追憶の中の少年の日        まだ見ぬ未来へ向かって                                。. .。.:*・゜゜     「語れや 君 そも若き折 何をか為せし」という    ヴェルレーヌの詩句が、頭に浮ん... 詳細

詳細へ

著者
髙野信也
ISBN
978-4-86000-233-6 C0192
本体価格
800円

追加  

ポエム・ポシェット30*Takano Nobuya           生あくびをしているあなたへ、        泣きじゃくっているあなたへ、        このことばたちは、とれたての果物です。         肩の凝らないデッサンは        ぼくらのこころをくっきりほん... 詳細

詳細へ

著者
奥村和子
ISBN
978-4-86000-232-9 C0095
本体価格
2,300円

追加  

南河内の明星派 発掘 与謝野寛・晶子に「河内の善次」と愛された中谷善次(なかやぜんじ)。大正・昭和の抒情と風景が、今よみがえる。善次の全短歌掲載。 富田林の石上露子ゆかりの歌人第一次明星派のローマンチシズムの華やぎと真実その血統を継ぎ名もなき後継者として栄えある... 詳細

詳細へ

著者
清沢桂太郎
ISBN
978-4-86000-238-1 C0092
本体価格
2,000円

追加  

詩歴40年にわたる著者の第一詩集精神の遍歴の記録―――――――――――――      花が咲くという不思議、星が輝くという不思議     星と私を結ぶ、ことばの不思議     それは、生きているということの不思議    清沢さんは科学者として見つめるように考える... 詳細

詳細へ

著者
木村彌一
ISBN
978-4-86000-231-2 C0092
本体価格
2,200円

追加  

詩と絵の饗宴新しいビジュアルポエムの世界   この『絵想詩』は、詩と絵(パソコン使用)がコラボレートすると、 どんなものができるのかと思い、試みた詩画集です。 (「あとがき」より)   オールカラーの挿画。 グレーや黒の背景に浮き上がる詩のことば。 「かえれな... 詳細

詳細へ

著者
春木吉彦
ISBN
978-4-86000-227-5 C0092
本体価格
2,700円

追加  

カンタービレ 春の風 ユキワリソウはほんのわずかずつ眠りを包んだ重い雪を 夢をとかすごとく日々に そのうるおいは 太陽に目覚め 白く 淡紅色の小さな花開き 今日と明日の架橋の 夢は無を 無は夢の、冬の旅のせせらぎに 早春の音符。人呼ぶこだまは 川霧の空に飛ぶ春... 詳細
131~140を表示中  (総目録の数:315)