美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 総目録

総目録

表示順:

11~20を表示中  (総目録の数:321)

詳細へ

著者
原田 慶/後 恵子
ISBN
978-4-86000-369-2 C0092
本体価格
1,800円

追加  

  原田 慶 詩集 * 風草     ×     後 恵子 詩集 * モザイク都市     ***************************   二人の個性がかもしだす   あたらしい詩集のかたち   ***************************     ... 詳細

詳細へ

著者
POの会/編
ISBN
978-4-86000-371-5 C0495
本体価格
800円

追加  

特集 子どものいる風景   高階杞一  ふたつの「子どものいる風景」矢崎節夫  金子みすゞの童謡詩  ―自分の中のみんな―畑中圭一  童謡の変貌  ~有賀連のモダニズム志向を中心に有馬 敲  うたのほん『京わらんべ』のことなど川田由美子 子どもの俳句 俳句誌... 詳細

詳細へ

著者
詩を朗読する詩人の会「風」/編
ISBN
978-4-86000-368-5 C0092
本体価格
2,500円

追加  

                            詩の時代が                             やってきた!!     アンソロジー風Ⅻ2017――――――――――126の詩の華                 心から心へ            ... 詳細

詳細へ

著者
寺沢京子
ISBN
978-4-86000-366-1 C0095
本体価格
1,000円

追加  

     〈あなたはどう思いますか。〉  一人ひとりに違う人生があり違う時間がある。  だから、寺沢京子さんは、啓蒙ではなく、あなたの声を聞こうとする。  この本は、平和を深く熱望する人格で貫かれて、心打たれる。      寺沢さんは行動する。  あなたをリスペク... 詳細

詳細へ

著者
たひらこうそう
ISBN
978-4-86000-363-0 C0092
本体価格
2,000円

追加  

  「地球の扉を叩く音」とは、 始原にあったはずの自然から文明への問いかけでもある。 「地球の扉を叩く音」を聞き逃さない詩人の魂は、 澄んだ心の持ち主であるだろう。 詩人の少年時代と故郷へのノスタルジーから始まる、 この詩集は単純な人間賛歌ではあり得ない。 痛みゆえ... 詳細

詳細へ

著者
奥村和子/楫野政子
ISBN
978-4-86000-362-3 C0095
本体価格
2,300円

追加  

                             石上露子(いそのかみ つゆこ)―――     明星などで活躍しながら悲恋の絶唱「小板橋」を残し、二六歳で文壇から消えた。   白菊のごとき深窓の麗人伝説を生む。   没後六〇年近い今、多くの書簡・小説・評... 詳細

詳細へ

著者
加藤敬子
ISBN
978-4-86000-360-9 C0095
本体価格
1,500円

追加  

    大地を潤す穏やかな雨のように、 読者の心に沁み入る言葉。   ――――――――――――――――   言葉を紡ぐことの喜び、言葉に寄り添うことによる救いが さりげなく語られている。 一晩のうちに聴覚を失った著者が綴る、 言葉による創造と復活のエッセイ集。       ********************         ... 詳細

詳細へ

著者
かまくらまい
ISBN
978-4-86000-365-4 C8793
本体価格
1,500円

追加  

                 ここは おかあさんの おなかの なか       ぽかぽか あったか ふわん ふわん         あるとき ひかりが やってきた       「うまれて おいで うまれて おいで」            8∞8∞8∞8∞8∞8∞8∞8∞8∞8∞8∞8∞8∞8∞8∞8∞8∞8∞8∞8∞8∞8∞        ... 詳細

詳細へ

著者
尾崎まこと
ISBN
978-4-86000-361-6 C0072
本体価格
2,700円

追加  

    身体の奥の奥で視る世界   尾崎まことの写真を目の当たりにすると不思議な感覚に陥る。 彼はどこで視ているのだろう? 目ではない、心でもない。 身体の奥の奥である。 今では使うことをやめたところで、感応しているのであろう。 言葉の世界の男が、言葉の果つる場所... 詳細

詳細へ

著者
POの会/編
ISBN
978-4-86000-364-7 C0495
本体価格
800円

追加  

特集 現代の「荒地」   嶋岡 晨   一言村田辰夫   現在の『荒地』について一色真理   世界像としての〈荒地〉と〈花園〉─鮎川信夫と最果タヒ山田兼士   「荒地」の現在 『北川透現代詩論集成1』を読む太田充広   現代の荒地―平林敏彦との出会いから原 圭... 詳細
11~20を表示中  (総目録の数:321)