美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 総目録

総目録

表示順:

1~10を表示中  (総目録の数:315)

詳細へ

著者
POの会/編
ISBN
978-4-86000-373-9 C0495
本体価格
800円

追加  

特集 私の好きな愛の詩(うた) 小池昌代  山鳩の声三田 洋  心身にとり憑いてきた「片恋」「敗荷」「はじめてのものに」岡崎 葉  すべての詩はラブソング佐古祐二  ダイナミックな恋愛詩 武村志保の「白い魚」葉陶紅子  歌人 原阿佐緒――その恋の顛末水崎野里子 ... 詳細

詳細へ

著者
西田 純
ISBN
978-4-86000-372-2 C0092
本体価格
1,500円

追加  

     風や光や森の精気      清々しい樹木の香り      手に触れる言葉たち……     『風の森』の各詩篇には、 ひっそりと、生命(いのち)が置かれている。 そこから失われることのない言葉が生まれる。 『風の森』を散策する私たちの心もまた、 いつ... 詳細

詳細へ

著者
ハラキン
ISBN
978-4-86000-370-8 C0092
本体価格
2,000円

追加  

  具象から抽象へ、さらに表徴へ、   そして亜存在へ。       存在/現象の光と闇のあわいを縫うように、   詩人の声と像は三千世界の過去・現在・未来を   自在に浮遊し遊泳し遊離していく。       「仏教の宣伝」とは大真面目かつ大巫山戯な   哲学... 詳細

詳細へ

著者
白井ひかる
ISBN
978-4-86000-367-8 C0092
本体価格
1,500円

追加  

  疾走する恋模様   愛のラビリンス      ✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨      あなたはレモンイエローが ないという これから車を走らせて 買いに行くのだという キャンバスに描きかけの 少女残して 瞳の色は 悲しい色に... 詳細

詳細へ

著者
原田 慶/後 恵子
ISBN
978-4-86000-369-2 C0092
本体価格
1,800円

追加  

  原田 慶 詩集 * 風草     ×     後 恵子 詩集 * モザイク都市     ***************************   二人の個性がかもしだす   あたらしい詩集のかたち   ***************************     ... 詳細

詳細へ

著者
POの会/編
ISBN
978-4-86000-371-5 C0495
本体価格
800円

追加  

特集 子どものいる風景   高階杞一  ふたつの「子どものいる風景」矢崎節夫  金子みすゞの童謡詩  ―自分の中のみんな―畑中圭一  童謡の変貌  ~有賀連のモダニズム志向を中心に有馬 敲  うたのほん『京わらんべ』のことなど川田由美子 子どもの俳句 俳句誌... 詳細

詳細へ

著者
詩を朗読する詩人の会「風」/編
ISBN
978-4-86000-368-5 C0092
本体価格
2,500円

追加  

                            詩の時代が                             やってきた!!     アンソロジー風Ⅻ2017――――――――――126の詩の華                 心から心へ            ... 詳細

詳細へ

著者
寺沢京子
ISBN
978-4-86000-366-1 C0095
本体価格
1,000円

追加  

     〈あなたはどう思いますか。〉  一人ひとりに違う人生があり違う時間がある。  だから、寺沢京子さんは、啓蒙ではなく、あなたの声を聞こうとする。  この本は、平和を深く熱望する人格で貫かれて、心打たれる。      寺沢さんは行動する。  あなたをリスペク... 詳細

詳細へ

著者
たひらこうそう
ISBN
978-4-86000-363-0 C0092
本体価格
2,000円

追加  

  「地球の扉を叩く音」とは、 始原にあったはずの自然から文明への問いかけでもある。 「地球の扉を叩く音」を聞き逃さない詩人の魂は、 澄んだ心の持ち主であるだろう。 詩人の少年時代と故郷へのノスタルジーから始まる、 この詩集は単純な人間賛歌ではあり得ない。 痛みゆえ... 詳細

詳細へ

著者
奥村和子/楫野政子
ISBN
978-4-86000-362-3 C0095
本体価格
2,300円

追加  

                             石上露子(いそのかみ つゆこ)―――     明星などで活躍しながら悲恋の絶唱「小板橋」を残し、二六歳で文壇から消えた。   白菊のごとき深窓の麗人伝説を生む。   没後六〇年近い今、多くの書簡・小説・評... 詳細
1~10を表示中  (総目録の数:315)