美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 詩歌 > 一つの始まり 三浦千賀子詩集

一つの始まり 三浦千賀子詩集

著者
三浦千賀子
サイズ
196ページ
製本
ソフトカバー
ISBN
978-4-86000-224-4 C0092
発行日
2012/01/01
本体価格
1,428円

個数  

Miura Chikako ..。:*・゜゜・*:.。*

  この優しさは強さである
 ――――――――――
   日々、我々が通り過ぎてしまっている
   都市の片隅でうつむくばかりのまなざしや、
   空の彼方を虚ろに漂うまなざしを
   わたしのものとして抱きしめる
   強さと優しさをこれらの詩は持っている。

   生きる喜びと出会うことへの勇気へ、
   そして、命のかぎりよりよく生きることへと
   これらの詩は読む者を誘ってくれるだろう。

                (尾崎まこと)

   *・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。*
     *・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。*

     生きるということは
     分不相応でも、ぶつかるということ
     恋にも、仕事にも

     ・・・・・・・・・

     生きるということは
     閉ざされた時代の闇に立ち向かうということ
     さびしき人 貧しき人に
     光をあてるということ

                (「生きるということ」より)