美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 詩歌 > 風に散る花 清沢桂太郎詩集

風に散る花 清沢桂太郎詩集

著者
清沢桂太郎
サイズ
A5判
136ページ
製本
ハードカバー
ISBN
978-4-86000-310-4 C0092
発行日
2015/06/10
本体価格
2,000円

個数  

Kiyosawa Keitaro

 

人生を受けとめ、よりよく生きていこうとする詩。
―――――――――――――――――――――――――

清沢さんは、「私の孫たちが、この苦しみで充ち満ちた人生を、少しでも前向きに捉えることができるようにという思いから」詩集を上梓したと語る。元来詩は、清沢さん自らの体験が実証するように、たとえば「自死」の誘惑からも救うほどの力をもつものではないか。書き手・読み手の垣根を越えて、詩の言葉は人の生を根底から支える働きをもつ。

この詩集によって、清沢さんは自分自身の表と裏をきらめかせながら晒している。
散っていくという覚悟と美意識故のことであるが、詩行というものが救いとしての日々の行になっている。

            (尾崎まこと)

 

 

            あなたと出会うために


              去年はそこに
              フデリンドウが一輪
              咲いていた

              今年は咲いていない
              種子が風に飛ばされて
              こなかったのだろう

              私も飛ばされてゆきたい
              どこかへ
              フデリンドウのように
              あなたと出会うために

 

------------------------------------------------------

* * * 清沢桂太郎詩集 好評既刊 * * *

『シリウスよりも』

『泥に咲く花』

『大阪のおじいちゃん』

『ある民主主義的な研究室の中で』