美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 詩歌 > シリウスよりも 清沢桂太郎詩集

シリウスよりも 清沢桂太郎詩集

著者
清沢桂太郎
サイズ
A5判
160ページ
製本
ハードカバー
ISBN
978-4-86000-238-1 C0092
発行日
2012/06/10
本体価格
2,000円

個数  

詩歴40年にわたる著者の第一詩集
精神の遍歴の記録
―――――――――――――

     花が咲くという不思議、星が輝くという不思議
     星と私を結ぶ、ことばの不思議
     それは、生きているということの不思議

   清沢さんは科学者として見つめるように考える。
   宗教家のように考えるように見つめる。
   ことばと存在に対する素直な驚きと敬虔な心で。
   あらゆるものは過ぎ去る。
   清沢さんにおいて、詩を書くということは
   永遠の登記簿にことばを刻むということではないだろうか。  

                  (尾崎まこと)

     * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

      私たちは夜空の星
      昼間の輝く太陽は佛と神

      佛や神が輝いているときは
      星が見えないように
      私たちの存在は見えない

      しかし 太陽が没したとき
      私たちは夜空に輝く

        (「シリウスよりも」より)