美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 詩歌 > ひとつぶのパール 福岡公子詩集

ひとつぶのパール 福岡公子詩集

著者
福岡公子
サイズ
四六版
112ページ
製本
ハードカバー
ISBN
978-4-86000-245-9 C0092
発行日
2012/11/20
本体価格
1,800円

個数  

小さきものの発見
 ―日々心の旅を―

日々流れ去る想いの線路の上を
主婦という新たな鈍行列車に拘り
小さきものを追い求める
心の旅を続けている

              (「鈍行列車」より」)

あるときは
孤独なホームレスの老人に
家族で営む古い個人商店に
誕生して間もない幼き命に……
「弱いもの/大切なもの/守るべきもの」に向けられる
詩人の優しい視線――

 

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

主婦とは愛情をひとつ、ひとつ形に表してゆく存在である
家族を心で愛するだけでなく
どんな場面でも守り抜く覚悟を体現すること
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・

私は形のない存在になって
彼らが望むときにはいつもその内にいる
そのように在り続けたい

(「主婦」より)