美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 詩歌 > You are here

You are here吉田定一詩集

著者
吉田定一
サイズ
A5変型
122ページ
製本
ソフトカバー
ISBN
978-4-86000-- C0000
発行日
2019/01/25
本体価格
1,800円

個数  

 

 

 

 

吉田定一はやさしい心とみずみずしい精神をつねに失うことなく、

 

みごとな五行詩、生活語詩などにして着地している。

 

言葉が研ぎ澄まされて磨きがかかり、あらためて脱帽する。

 

 

有馬 敲

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

ギター

 

 

ショット・バーの壁に 忘れられたように

掛けられてある ギター

一途な想いを秘めながらも

指一本触れられることもない…

誰かが触れば いまにも泣き出しそうだ

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

 

著者について

 

吉田  定一 (よしだ ていいち)

 

1941年大阪府生まれ。児童図書の編集生活、子どもの文化研究所を経て、童謡・詩・研究評論と油絵制作(元美術団体・新象作家協会会員)の生活へ。与田凖一に師事。詩集『熊さん』『胸深くする時間』『記憶の中のピアニシモ』、童謡集『よあけのこうま』、詩画集『かってうれしいねこいちもんめ』『朝菜夕菜』、『児童文学詩人選集 吉田定一詩集』、『愛の詩集 わたしの胸の夕ぞらに』。評論集『詩童謡の現在』(共編著)。絵本『ゆきやこんこん』『かばのさかだちあいうえお』。他多数。詩集『海とオーボエ』で、野間児童文芸賞受賞。絵本『からすからすかんさぶろう』で、厚生省中央児童福祉審議会特別推薦。元東京学芸大学・白百合女子大学各講師。文芸詩誌「伽羅」主宰。総合詩誌「PO」編集委員。関西詩人協会運営委員。国際詩人協会会員。高石市中央公民館企画委員。