美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 詩歌 > 雑草の詩(うた)

雑草の詩(うた)佐藤勝太詩集

著者
佐藤勝太
サイズ
A5判
192ページ
製本
ソフトカバー
ISBN
978-4-86000-379-1 C0092
発行日
2018/04/20
本体価格
2,200円

個数  

* * * * * * * 

 

詩歴60年余

 

定評ある詩人の

 

新たなる詩境

 

* * * * * * *

 

 

          晴れの日は陽光をあびるように

          雨の日は雨滴をあびるように

          佐藤さんは詩の香気をあびてきた。

 

          言うことと言わぬこと

          飾ることと飾らぬこと

          隠すことと顕わにすること

          自己のアリバイと行方知れずと。

 

          これらの詩のひたすら平易な表現の

          背後にはのっぴきならないものがある。

          それは詩人・佐藤勝太における

          新しい詩の胎動にほかならない。

 

                        (左子真由美)

 

 

   🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃

 

 

 

生涯の夢

 

 

  夢に見たものを

  探して生きてきた

  少年時から今日まで

  その夢は実現することもなく

  私を叱咤激励して

  未だ到達することも能わず

  私は次第に老いてきた

 

  が今更その夢を忘れることもなく

  密かに抱いて生きている

  どんな夢なんだと友は問うが

  今更誰かに話すと

  笑いものになりそうで

  あの世まで抱いて逝かなきゃと

  思いながら生きている

 

 

 

   🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃

 

 

● 著者について ●

 

佐藤 勝太(さとう かつた)

 

1932年(昭和7年)岡山県矢掛町生まれ。佛教大学社会学部社会学科卒業。

 

〈所属〉

日本文藝家協会・日本詩人クラブ・ 関西詩人協会・兵庫県現代詩協会・尼崎芸術文化協会 など

 

〈詩集〉

『徽章』(1963 自家版)/『エトセトラ』(1986 再現社)/『黙示の人』(1990 檸檬社)/『光と陰の間』(1995 編集工房ノア)/『遙かな時』(1999 編集工房ノア)/『時の鼓』(2001 編集工房ノア)/『掌の記憶』(2005 詩画工房)/『夕陽の光芒』(2008 竹林館)/『陽炎の向こう』(2010 竹林館)/『峠の晩霞』(2012 竹林館)/『果てない途』(2014 編集工房ノア)/『ことばの影』(2015 コールサック社)/『名残の夢』(2016 コールサック社)/『生命の絆』(2017 文芸社)/『佇まい』(2017 コールサック社)/『雑草の詩』(2018 竹林館)

 

〈歌曲〉

(ひょうご日本歌曲の会で作曲・演奏された作品)「青い空」「スマイル人生」「宙のオーラ」「出発つ少年」「歌っていけば」「春を呼ぶ声」「タップで踊ろう」「ああ神戸」「四季の歌」

 

〈展〉

墨象と現代詩の出会いを求めて」「日韓合同詩画展」「関西詩人協会での毎年の詩画展」など

 

〈賞〉

「詩のフェスタひょうご知事賞」「兵庫県ともしびの賞」「半どんの会文化賞」「箕面市長賞」「日本詩人クラブ永年会員賞」など