美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 詩歌 > たとえば一人のランナーが

たとえば一人のランナーが半田信和詩集

著者
半田信和
サイズ
182×182
104ページ
製本
ソフトカバー
ISBN
978-4-86000-374-6 C0092
発行日
2018/02/01
本体価格
1,000円

個数  

 

 

 

つばさをもったいきものが

 

かるがるとのこしていった

 

あしあとのようなことばを

 

ぼくはさがしている

 

 

       「あしあと」

 

         

 

                 *****************************************

 

 

いきものたちが呼び起こすポエジー、楽しんでいただけましたか。 

実はいきものだけじゃなく、水や月や石ころなんかからも、 

僕は「詩のことば」をもらっているのです。 

「詩のことば」といっても、ことば自体は僕らがふだんつかっているそれと 

違いがあるわけではありません。 

違うのはことばとことばの組み合わせ方。 

ことばで虹をつくれたらなと思います。 

ほんのわずかな時間でも、世界が少しやわらかくなるような。

 

「あとがき」より

 

 

 

この詩集に登場するいきものたちです。

 さて、あなたはいくつ見つけられるかな?

 

 

□青虫 □アメフラシ □ウサギ □ウミサソリ □オニヤンマ □カピバラ 

□クロズマメゲンゴロウ □コスモス □柴犬 □白猫 □すみれ □狸 

□ダンゴムシ □チンパンジー □ネギ □ねじ花 □ハト □ヒト 

□マンサク □メダカ □やまぼうし □ヤモリ □ワカメ

 

 

 

*****************************************

 

 

          著者について 
          半田 信和(はんだ しんかず)
          1958年、福井県生まれ。県内の小中学校に勤務しながら、詩や俳句、写真で、やわらかな世界をつくりつづけている。
          1986年、「詩とメルヘン」に掲載された作品等を収録した第1詩集『プールサイドの天使』を発刊(近代文藝社)。
          2014年、太田玉茗賞を受賞した詩「ひかりのうつわ」をそのままタイトルにした第4詩集を発刊(土曜美術社出版販売)、
           第18回日本自費出版文化賞特別賞を受賞。
          2017年、写真と俳句を組み合わせた作品が、第5回小松ビジュアル俳句コンテストで芭蕉賞を受賞。
          2018年、童謡詩「ギンモクセイの枝先に」が第19回柳波賞を受賞。大人も子どもも楽しめる作品づくりを心がけている。