美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 詩歌 > 地球の扉を叩く音

地球の扉を叩く音たひらこうそう詩集

著者
たひらこうそう
サイズ
四六判
112ページ
製本
ハードカバー
ISBN
978-4-86000-363-0 C0092
発行日
2017/06/15
本体価格
2,000円

個数  

 

「地球の扉を叩く音」とは、

始原にあったはずの自然から文明への問いかけでもある。

「地球の扉を叩く音」を聞き逃さない詩人の魂は、

澄んだ心の持ち主であるだろう。

詩人の少年時代と故郷へのノスタルジーから始まる、

この詩集は単純な人間賛歌ではあり得ない。

痛みゆえの美しさと美しさゆえの痛みがある。

 

(尾崎まこと)

 

 

 

************************* 

 

 

 

 

この道を歩いてみんな大きくなった

 

緑豊かな風景を足で覚えてむらを育てた

 

 

 

光と影が台地に人を集めて話をした

 

水と緑が川のほとりに人を集めて話をした

 

 

 

沢山の昔話を伝え

 

話と一緒に栄えたむら

 

 

 

緑が茂り そうそうと風を呼んでいたむらがあった

 

水と緑を残して姿を消したむらがあった

 

 

 

光と水と緑は命のゆりかご

 

ゆりかごだけ残して人はどこへ行く

 

 

 

                        (「終わりのない旅」より) 

 

 

************************* 

 

 

               ● 著者について  

                  たひらこうそう(田平 孝三)
                  1926年、広島県庄原市生まれ。
                  1955年、関西大学第二文学部ドイツ文学科卒業。尼崎市役所に勤務。
                  2007年、大阪教育大学大学院修士課程日本史専攻修了。
                  その後、歴史論文、エッセイ等を書くかたわら、地域のボランティア活動に従事。
                  80歳を過ぎてから専ら詩を書く。

                  既刊詩集『八月の祈り』(2012年 らくだ出版)