美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 詩歌 > 雲の嶺―わたしの第二次大戦 田村照視詩集

雲の嶺―わたしの第二次大戦 田村照視詩集

著者
田村照視
サイズ
A5判変型
120ページ
製本
ハードカバー
ISBN
978-4-86000-259-6 C0092
発行日
2013/07/11
本体価格
1,800円

個数  

少年が北朝鮮で体験した
敗戦前後の現実を回想する叙事詩。
波乱に満ちた道のりを
飾り気なく物語り、うったえる。

                有馬 敲

―――――――――――――――
 日韓併合から三十五年過ぎた昭和二十年、第二次大戦の敗戦まで、わたしたち家族六人は北朝鮮に住んでいた。

 敗戦を知らされたのは八月十六日。電線が通じていないため、前日の玉音放送があるというニュースすら流れなかった僻地である。

 いまでは当時のことを書く人も少なくなっていくばかり、歴史の本流は多くの映像や書誌にあるが、北朝鮮の辺鄙な農村での風俗や習慣のなかで、どのような暮らしであったか、敗戦前後をいかに生きのびたか、感受性の強い少年期の証言者として、ありのまま脳裏に残る衝撃的な数々の断片をまとめた。 
                               (「はじめに」より)
 
―――――――――――――――

       引揚船「徳壽丸」のなかは
       悪臭に満ちていた
       甲板には溢れんばかりの人が集まり
       祭り前夜の賑わいを見せるが
       まだ明けきらぬ 暗く冷たい
       冬の海

       やがて見えてくるであろう
       日本の陸地
       生死をかけて切り抜けてきた人びとは
       進行方向に向かい つま先立ち
       前方を見ている
       たかぶる感情を抑えるかのように
       白い息を吐きながら

(「引揚船」より)