美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 詩歌 > 裸木のように

裸木のように大瀧 満詩集

著者
大瀧 満
サイズ
A5判
128ページ
製本
ハードカバー
ISBN
978-4-86000-354-8 C0092
発行日
2017/02/25
本体価格
2,000円

個数  

 

 

この

めまぐるしく

はげしい時の流れのなかで

たとえ失うものが

多かろうとも

おまえは凛として

まっすぐに歌うがいい

いのちの愛しさを

はかなくも生きてきた

あついこころを

おまえは手放しで

せつせつと歌うがいい

あの遠く澄みきった

あおい空の下で

 

――序詩

 
 

 

 

 頁を捲るごとにせつせつと満ちてくるものがある。さらさらと潮騒のように引いていくものがある。

 日本の詩はもともと樹々の形をしているが、大瀧さんのこれらの詩群はまさにことごとく日本の詩の形を成している。詩の一行にも目指す高さがあり、それを支える底辺がある。よって、これらの詩群は感傷に流されることなく、抒情の中で言葉が屹立している。それは大瀧さんの詩人としての潔い生き方でもある。
 この詩集はあなたに、死に抱かれた生の歓びと哀しみを詠うだろう。


                                                     (左子真由美)

 

 

 

 

 ⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉⧉

 

  

 落葉 

 

 

 

それにしても落葉よ 

おまえはなんという深い色を 

根気よく染めあげてきたことか  

 

おまえがそんなに美しいのは 

たぶん、自分というものを 

きれいさっぱりと 

棄てきったからであろう 

 

 おまえは一枚の詩だ 

 おまえは一瞬の音楽だ 

 

そのおまえも 

まもなく旅にでるだろう 

さむい冬の路上や野原を 

ひたすら漂泊(さまよ)っていくだろう 

 

落葉よ、 

なぜか私も急ぐのだ