美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 詩歌 > 丈高い赤いカンナの花よ

丈高い赤いカンナの花よ佐古祐二詩集

著者
佐古祐二
サイズ
A5判
96ページ
製本
ハードカバー
ISBN
978-4-86000-337-1 C0092
発行日
2016/09/01
本体価格
2,300円

個数  

「美しく輝くもみじ葉」を一瞬目にして、老いてなお若かりし頃のような激しい生―いのちの蘇りをみせる。辛さも悲しみも複雑な一切の感情の何もかもを飲み込んだように「ボレロの旋律」にわが身を焦がす。生の歓喜に立ち還らせるような清涼な佇まいがここにある。

 

(吉田定一「解説」より)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

希望

 

 

椿の花が

真っ赤にこぼれた

黒い地面を

青く光る蜥蜴がよぎっていく

長い尾を

ひきずりながら

 

それは

病苦の湖底に沈められた

あの日の

わが身に残された

隠微な希望にほかならない

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

佐古祐二(さこ・ゆうじ)

 

1953和歌山市生まれ。

京都大学法学部卒、弁護士。

日本現代詩人会会員、関西詩人協会運営委員。

総合詩誌「PO」編集長。詩を朗読する詩人の会「風」世話人。

詩誌「詩人会議」「イリヤ」「軸」に所属。

 

       

       既刊詩集 『いのちの万華鏡』(1995年 竹林館)

            『世界を風がふかなければ』(1997年 竹林館)

            『vieの焔』(2001年 竹林館)

            『ラス・パルマス』(2007年 竹林館)

       評論   『詩人 杉山平一論 星と映画と人間愛と』(2002年 竹林館)

       評論集  『抒情の岸辺―詩を愛する人たちへ』(2012年 竹林館)