美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 詩歌 > 四面舞踏会

四面舞踏会長岡紀子詩集

著者
長岡紀子
サイズ
四六判
166ページ
製本
ソフトカバー
ISBN
978-4-86000-324-1 C0092
発行日
2016/01/27
本体価格
1,500円

個数  

★。+。゚・‥…―━――…‥・‥…――━―…‥・゚。+。★

 

招待状

 

樹の踊り・花々の踊り・子どもの踊り

魔女の踊り・水の踊り・風の踊り

精霊の踊り・言霊の踊り

・・・そして

詩人・長岡紀子の生涯の踊り

 

詩集は踊りの舞台

詩は生命の舞踏

 

★。+。゚・‥…―━――…‥・‥…――━―…‥・゚。+。★

 

 

長岡さんのことばは

すぐれて音楽的でありながら、

木や石などに「刻まれていくことば」

と評すべきであろう。

つまり彫りの深いことばで刻まれ、

全体でまことに陰影のある

ひとつの彫像のような詩編

となっている。

          (尾崎まこと)

 

 

・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。

・。。・。゜・☆。・゜。・・。。・。゜・☆。・゜。・

。・゜☆・゜・・゜・☆。・゜。・。。・

 

 

 

マンディーに行こう

マンディーに行こう

サロンの裾は ひらひら

十五歳にしてはセクシーな腰が揺れて

娘たちは 桟橋を軽やかに歩く

石鹸と歯みがきチューブが

洗面器の中で カタカタ鳴る

 

みどりの樹々の壁を縫って

蛇行する河の曲がり淵には

小さな船つき場

先端のとがった細く長い丸木舟が二・三艘

誰を待つのか

あくびして

 

  (「マンディー ―サラワクにて―」より)