美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 詩歌 > ゆかりの文学者との別れ

ゆかりの文学者との別れ―八十歳の日記

著者
外村文象
サイズ
A5判
270ページ
製本
ソフトカバー
ISBN
978-4-86000-319-7 C0095
発行日
2015/09/26
本体価格
1,500円

個数  

 

 

 

あの詩人の素顔が見える!

人間味あふれる文学交遊録

 

―――――――――――――――

 

     琵琶湖の近くで育った外村文象は伝説的な商人の里で、

     ふと文学の路を見つけた。以後、来し方を振り返り、

     ゆかりの先人の生き方、知己との交遊、海外への旅行

     などを淡々として語る。

     その姿には長年の体験と見識がうかがえ、現代を真摯

     に生きる人びとに深い感銘をあたえるにちがいない。

 

                 有馬 敲

 

 

 

         Contents

 

 

        

      

     「靑空」の仲間  ―梶井基次郎・中谷孝雄・外村繁

     三好達治五十回忌と偲ぶ会

     宮沢賢治童話の魅力

     大野新の肖像

     狷介の詩人 中村光行

     千葉龍さんとの出会いと別れ

     大井康暢さんを偲ぶ

     川崎彰彦の青春哀歌

     野村順一さんを偲ぶ

     伊藤桂一氏の講演を聞いて

     有馬敲論  ―年譜をなぞりながら

     有馬敲の国際交流

     長浜の詩人 武田豊

     大野新のことなど

     韓国詩人交流の旅

     近江詩人会のころ

     日中交流写生会紀行

     旅の中での詩想

     冬の旅

     クロアチアとスロベニアの旅

     愛を信じて生きた太田靜子

     私の詩作の道程  ―本流を外れて

 

 

        

 

     ゆかりの文学者との別れ  ―八十歳の日記

     新しい年を迎えて

     春から夏へ

     今年の夏は大荒れ

     枯れ葉が舞い散る

     一月往ぬ 二月逃げる 三月去る

     待てば海路の日和あり

     私の詩作の足跡