美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 詩歌 > 余韻

余韻神田好能詩集

著者
神田好能
サイズ
四六
178ページ
ISBN
978-4-86000-113-3 C0092
発行日
2006/11/30
本体価格
1,600円

個数  

   母のようにやさしく
   大地のように強く
   ふるさとのように暖かく
   少女のように可憐に

   豊かな表情で謳いかけるポエジー

     真夏日は続く

  朝の早いボスの甘え声は五時
  ほんのかすかな声なのに
  夫はしれにこたえて
  いそいそ嫌々か起きる

  ほのあかりのなかへ
  ふたりが散歩に出ていった後
  ベランダのまだ涼しい時間帯
  ゆうべの洗濯物を乾す
  真夏日三十七日が続く
  下に自転車をこいでゆく人がある
  まだみんな寝ている時間なのに
  上から見ていると
  なにか必死に脚を動かしているような
  あの細身の男性は
  いま誰の為に自転車を走らせるのか
  肩に力を入れてふんばる男
  いま自分を生きているのだろう

  幼い子供の待つ家があるのだろう
  笑顔の可愛い奥さんがいるのかしら
  平和はいいなあ
  家族に見送られてきたのかしら
  脇目もふらず自転車をこぎ
  汗をかいているひと
  あの人にもきょうの幸せと
  あしたの平和が続くように
              1995年8月25日