美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る

ラフアクタ佐倉圭史詩集

著者
佐倉圭史
叢書名
ポエム・ポシェット19
サイズ
文庫
56ページ
ISBN
978-4-86000-107-9 C0192
発行日
2006/06/10
本体価格
800円

個数  

先も見えない現代において、どう生きるか?
佐倉圭史詩文集には、一つの批評性が貫かれ、
時代への苦闘が表現されている。

 
   冬の遠近法

  私から遠く佇むある番人は
  誰をも待つことが出来ずに、
  ただただ、ため息をついていて

  同じ頃、私は、自分なりの
  冬の物語をこしらえていて、

  こうして、寒さの為に身を守った筈が
  ここまで語っていると、
  物語と呼んでしまう程
  ごく単純なこの冬の遠近法によって、

  同じ程の寒さを持つ、
  内側と外側が判ってしまった。