美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る

路地裏岩国正次詩集

著者
岩国正次
叢書名
ポエム・ポシェット18
サイズ
文庫
64ページ
ISBN
978-4-86000-106-0 C1900
発行日
2006/06/10
本体価格
800円

個数  

母と過ごした路地裏には、朽ち果てぬ故郷が眠っている。
いつもそこに還りたいがしかし
人間に目覚めれば辛く、前進する姿勢を風が阻もうとも
生きぬき様の一里塚をここに建設しよう。

だからこそ書くのだ。

 
   生命(いのち)の海

  延命それとも
  在宅での看取り
往診医の声で
全身ピクピク震えを覚えた

軽い揺れから
発作へと
度重なる
疲労

脳萎縮による
血流の悪化が
原因だと
抗痙攣剤を処方された

脳死は人の死
尊厳死容認
生命の改革
真っ只中だというのに

 延命でぼくの背筋がピンと伸びた