美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 小説・童話 > 絆

やさしさが悲しくて

著者
小津映二
サイズ
四六
408ページ
ISBN
978-4-86000-68-4 C0093
発行日
2004/05/20
本体価格
2,000円

個数  

  書き下ろし長編小説

  愛するとき

  ひとは風のように孤独

  
  山野学級の生徒は五人。痛々しいほどひっそりと生活する生徒たちの為に、私は立ち上がる。文化祭で山野学級は弁論劇をし、学校中のものを驚嘆させる。しかし、直後、学級の大黒柱佐竹は事故死し、つづいて岡は行方不明になってしまう。自責の念にかられる私は、あてのない旅に発つ。行き着いた旅の宿で待っていたのは久美子だった。