美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 詩歌 > ある民主主義的な研究室の中で 清沢桂太郎詩集

ある民主主義的な研究室の中で 清沢桂太郎詩集

著者
清沢桂太郎
サイズ
A5判
96ページ
製本
ハードカバー
ISBN
978-4-86000-276-3 C0092
発行日
2014/04/21
本体価格
2,000円

個数  

第三詩集『大阪のおじいちゃん』と
第四詩集『ある民主主義的な研究室の中で』は
不思議な合わせ鏡となっている。

――――――――――――――――――

科学者であること、
よき家庭人であること、
このふたつのことと、
清沢桂太郎さんが詩人であるということは
別のことではない。

清沢桂太郎さんを励ましてきたものは
人生の伴侶としての「詩」であり、ひいては、
この詩集が誰かを励ますことになるだろう。

(尾崎まこと)

✧✧✧✧✧✧✧✧

この詩集に記したことは
私の単なる戯言か
はたまた
私の単なる妄想か

追い求めてみるのだが
過ぎ去った時が
全てを
忘却という霧のヴェールの向こうに
追いやって
曖昧模糊としたものに
してしまった

時だけが過ぎてゆき
私は 判断力と決断力の衰えた
一人の老人になってしまった

時 時 時よ
お前は 私を
ここに記した全ては
夢であったかのような
錯覚の中に落とし込もうとしている

✧✧✧✧✧✧✧✧