美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > エッセイ・評論 > 真青なる宇宙

真青なる宇宙山本正雄遺稿集

著者
山本正雄
サイズ
A5
392ページ
ISBN
978-4-86000-40-4 C0095
発行日
2003/03/04
本体価格
2,000円

個数  

はかなかるいのちのおくにいだきもつ
そのかなしみはついに言はざらむ

その病身ゆえ短命を予感しつつ、
純粋に誠実に人生を歩み続けた一人の教育者がいた。
深い教養と真摯な教育観がうかがえる随想録や論文、
児童への愛情あふれる訓話や詩、
また愛する我が子への思いが胸を打つ短歌も収録。
「教師たることは易いが、真実に教師たることは難しい」
学校不信の現代に甦るべき一冊。

生も死も宇宙の一変化に過ぎない。だが如何に生き、如何に死するかは
人生の大問題である。

          *
あらゆる教科における教授が、子供たちの将来を考える深い洞察から
なされねばならぬ。
そして力となり生命となって発展してゆく能力を身につけさせなくてはならぬ。

          *
夜中に美千代と圭子の寝姿を見てたまらなくなって泣いた。
死の恐れを知らない人は幸福である。死の不安は誰にでもあると思うが、
それに気付かない人は幸福である。

                 (本文「随想録」より)