美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 詩歌 > ラス・パルマス

ラス・パルマス佐古祐二詩集

著者
佐古祐二
サイズ
A5
150ページ
ISBN
978-4-86000-123-0 C0092
発行日
2007/05/20
本体価格
2,300円

個数  

ラス・パルマス」とは、フラメンコで手を高く上げて強く打ち鳴らす動作がありますが、その時の拍手のことを言います。
 著者はご自身の病気のこともあり、ギリギリの所から歌った生命への讃歌、そこから来る反戦・平和への気持ちを歌っています。幅広い作風は読者を広く包み込むことでしょう。

虚空に
てのひらを小刻みに顫わせて
蝶を現出させる
舞い上がり遊ぶ様を目で追う
動きに合わせてゆれつづける顔
見えてくる
見えないもの
       *
暴力で支配し抑圧しようとする右手
やわらかく、だが毅然と包み込もうとする左手
両手のたたかいの果て
合わさったてのひらは
頭上高く天を刺すように
静かに突き上げられる
願いのかたちをして (「パントマイム」より)