美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > エッセイ・評論 > おもしろおかしいカイちゃん

おもしろおかしいカイちゃん

著者
嶋﨑研一
サイズ
B6変形
142ページ
ISBN
978-4-86000-120-9 C0095
発行日
2007/05/31
本体価格
1,600円

個数  

天真爛漫で、あまのじゃく、いじらしくて、
 かわいい赤ん坊のエピソードと成長記録。

  うどんでも、味噌汁のお豆腐でも、手で食べ(満1歳)、
 優しい人なら、からかい(2歳2カ月)、
 知らない人には、寝た振りをする(2歳5カ月)
 天気でも長靴を履き(2歳6カ月)
 好きな女の子の前では照れる(3歳4カ月)。

 赤ちゃんにも、見頃の旬があることに気が付いた。産声を上げた時から三歳ごろまでが見頃である。その間の赤ちゃんの成長は驚異的である。手足を動かすだけの時から、首をもたげ、寝返りを打ち、這うようになり、座れるようになり、つかまり立ち出来るようになり、伝い歩き出来るようになり、独りで歩むようになる。
 初めて、一歩、二歩と歩いた時は感動的である。
 泣くことしか出来なかった赤ちゃんが、「ウー ウー」と言い出し、簡単な言葉から、一つ一つまねして覚え、次から次と難しい言葉を覚えていく。そして、意思を伝えられるようになる。

 その小さな体、小さい手足、触らずにはおられない。その仕草のかわいいこと、見ていて、心が和む。
 赤ちゃんは、正に天からの贈りもの、星の王子・王女さまである。
            (著者 「はじめに」より)