美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > ポエム・ポシェット (文庫本詩集) > 抒情詩 イソップの詩法

抒情詩 イソップの詩法今 猿人詩集

著者
今 猿人
サイズ
文庫
100ページ
製本
ソフトカバー
ISBN
978-4-86000-136-0 C0192
発行日
2007/11/01
本体価格
800円

個数  

すべてが比喩である…
という激しい、抒情
  ――そのまっすぐさが、読む人に勇気を与える

現代詩が修辞の時代といわれてから
ほとんど失われてしまった言葉の奥行きと抒情。
言葉の奥にあったものとは一言でいえば
詩の背後にある詩人の「人生」であった。
逆説的であるけれど、今さんは
「人生の現象のすべてが比喩である」という
喪失の悲哀において、抒情の言葉を紡ぎだし詩を回復している。
そのまっすぐさは驚異的でさえあるが、
読者は、同時に比喩の平面(ことば遊び)から抜け出せないでいる
現代詩へのアイロニーであることに気がつくだろう。

      《時が流れた
       それは一つの比喩だ》

      目覚めたばかりのウサギが山嶺を仰ぐ
      永遠の先までも亀の姿は見えない

      亀は万年を生き
      ウサギは五巡目の冬ごとに死ぬ
      天文学的な距離のかなたにゴールを主張した亀の思惑

      ウサギは一時間に二十キロを駈け
      その間亀は二百メートルの移動をする
      勝利の決まったはずのレースに後悔するウサギの愚鈍さ

                  (「イソップの詩法」より)