美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 詩歌 > 夕陽の光芒

夕陽の光芒佐藤勝太詩集

著者
佐藤勝太
サイズ
A5判
176ページ
製本
ソフトカバー
ISBN
978-4-86000-145-2 C0092
発行日
2008/04/01
本体価格
2,000円

個数  

語り伝えたい昭和の光と影と、
見果てぬ夢がここにある。
それは、記憶の木漏れ日となって
読む人の心の部屋を満たすだろう。
詩は老いることのない記憶である。

修辞ではない詩の核、生きることの核が
はにかみを含んだユーモアを伴って描かれる。
それは、少年の日の笑顔ではないだろうか。
一行一行の誠実さは、
生への秘めた意志ではないだろうか。

                  (帯文より)


太陽は刻々と西へ傾いて
山の端で色を変え
形を換えて踊っていた

少年の日
その赫(かがや)きの彩りに
明日を夢見た

老いたいま
夕陽は山脈に光冠を燃やして
熱い雫を滴らしながら
幾条もの矢を放ち
生命(いのち)の光彩を
私のなかへ射しこんでくる

        ―序詩―