美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 詩歌 > 忙中閑

忙中閑松下のりを詩集

著者
松下のりを
サイズ
A5判
176ページ
製本
ハードカバー
ISBN
978-4-86000-144-5 C0092
発行日
2008/04/10
本体価格
2,000円

個数  

活写するカメラアイの眼差しで
生と死のあわいを
見てしまった詩人の その後・・・

魂からたちのぼるこれらの詩行は
いのちあるものへの讃歌であり、読経でもある。
「ことば」との同行二人。

               (帯文より)


忙中閑
忙中閑
気分転換の行きつく先は
命をみつめ
死をみつめ
むしっても
むしっても
生きながらえる
庭一面の雑草
みみずが一匹
ちから芝のすきまに
光りながらくねくねしている
忙中閑
忙中閑

           (「忙中閑」より)