美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 詩歌 > 羊飼いのアリオン

羊飼いのアリオン本多清子詩集

著者
本多清子
サイズ
四六判
63ページ
製本
ハードカバー
ISBN
978-4-86000-148-3 C0093
発行日
2008/05/20
本体価格
952円

個数  

愛とは捧げつくすもの
相手に求めるものではありません――


「私が一番つらかった時、悲しかった時に書いたもの」
と著者が振り返る、童話を思わせる長詩――
長い時を経て、美しい物語がよみがえる。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * *

「どんな掟があろうとも
 姫に逢いたい
 どうか
 贈り物を手に入れる方法を教えてください」


美しい姫の姿を一目見た羊飼いの少年が年老いた梟に尋ねますが、
その答えは彼にとって大切なものを失うことでした。
愛を求めたアリオンの清き魂の物語。