美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 詩歌 > 身の闇

身の闇名古屋哲夫詩集

著者
名古屋哲夫
サイズ
A5判
294ページ
製本
ハードカバー
ISBN
978-4-86000-152-0 C0092
発行日
2008/09/20
本体価格
3,000円

個数  

時空を超えて
翔けることば


ひょいと後(うしろ)を向いたあの馬は
かつてまだ誰も見た事のないものを見た
(シュペルヴィエル「動作」・堀口大学訳より)

「身の闇」の詩篇の一つ一つを読みこむ度に、シュぺルヴィエルの時間を跨ぐ馬が振り向くのである。おそらく、その馬のふりむく所作の作法と、彼の詩法に共通のものがあるらしい。ふり返り、闇を透過して見つめる眼差しのとらえるものは、言うならば、我々が常に見逃している、今という瞬間の一回性と永遠性であろう。
名古屋さんの文体は。シュぺルヴィエルの神話的な馬のように、どこかひょうひょうとしていて、ユーモアさえ感じるのだが、どっこい、こんな凄味のある現代詩はないのである。
(左子真由美)

 

 

はまる

どっぷり
つかりこんで
その道が
見えている

すじが通る
ひとには見えない
己れだけに見える
まっくらやみのなかに

すじ
一本