美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 詩歌 > しじみ蝶のいる日々 関 中子詩集

しじみ蝶のいる日々 関 中子詩集関 中子詩集

著者
関 中子
サイズ
四六変形
130ページ
製本
ソフトカバー
ISBN
978-4-86000-160-5 C0092
発行日
2009/01/01
本体価格
1,200円

個数  

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■

現代詩の多くは心の垂直軸を失ってしまい、ことばの連想ゲームに陥り、平面を行変えで行進していく散文化の傾向にある。
これに対して、関さんの一行、一行には重力が確かに働いている。重力に拮抗して言葉の揚力がある。言葉の羽ばたきが次の一行への推進力となってリズムを生み、その結果である美しい飛翔の軌跡が、われわれの目の前に現れた彼女の詩である。

(尾崎まこと、跋文より)

   ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■

 

          しじみ蝶

        愛らしい
        わたしはそれきり草むらに

        空が小さい
        ふるえている

        そうしてわたしの胸に
        やがてわたしの胸に

        次から次へと
        小さな空
        いろいろ色をちりばめて

        うっかり寝てしまった
        ああ 覚えている 愛らしい
        わたしはそれきり草むらに

        ああ 何度でも
        何度でも