美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 社会・教育 > 白鳳時代と高松塚古墳

白鳳時代と高松塚古墳築造時の時代背景

著者
安田和子
サイズ
四六判
212ページ
製本
ハードカバー
ISBN
978-4-86000-163-6 C0021
発行日
2009/02/28
本体価格
2,000円

個数  

──白鳳という名の時代──

正史に白鳳という年号はありません。
その美しい時代名は私たちの脳裏のどこかに
いつもそっと息づいています。

─────────────────────────────

大きな歴史のうねりから
華ひらいた白鳳時代に迫る
歴史研究書


     文化の流入、そして律令国家へと突き進む時代を象徴する
                      華麗かつ個性あふれる古墳群。
                       白鳳時代の美術品ともいえる、
               明日香村のキトラ・高松塚・マルコ山古墳と
                             奈良市のカラト古墳。
         終末期古墳のなかでも構造が相似するこれらの古墳、
                        とくに高松塚古墳を主題とし、
             その壁画、副葬品などから細やかに考察する。


            第一章 持統天皇と兄弟四古墳
            第二章 兄弟四古墳の考察
            第三章 高松塚古墳の被葬者
            第四章 飛鳥、白鳳、天平へ