美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 社会・教育 > 子どもはパパとママのことばを待っている

子どもはパパとママのことばを待っている

著者
木村倭文子
サイズ
ISBN
978-4-86000-- C0000
発行日
2009/10/20
本体価格
1,200円

個数  

親子はもっと仲良くなれる

―子育てに困ったときの72のヒント


人はいくら強がっても孤独からは逃げられない弱き存在です。
私は本書から「人はけんかしてもあきらめなければ仲直りできる」
という木村さんなりの信念をいただきました。
 本書は木村さんが長い養護教諭生活を通して出会った親子から
学んだ子育て論であり、またそれ以上に読者の生き方になんらか
の気づきを与えてくれるものです。そこには木村さんなりの人間
関係づくりの〝作法”がうかがえます。

   教育・心理カウンセラー 富田富士也

 *******************

◎3人で遊んでいたら自分のわがままが通るのは3回に1回  P10
◎人は負けた時、勝った時よりはるかに多くのことを学びます P33
◎子どもの「キライ」は「気になっている」「好き」という意味  P57
◎子どもの「だいじょうぶ」「ちゃんと」は要注意  P77
◎いきなり否定しないで聞いてあげる  P79
◎「あなたならできるはず」という信じる心  P103
◎「ほんの少し」を認めてあげよう P123
◎叱ったあとは必ず励ましを含めたフォローを P135
◎「心の中のことばを聴き、伝えあう」 P151