美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 社会・教育 > 七人の英語教師たちのストーリー&人間的コミュニケーションの研究

七人の英語教師たちのストーリー&人間的コミュニケーションの研究

著者
波能 満
サイズ
ISBN
978-4-86000-- C0000
発行日
2010/01/01
本体価格
1,800円

個数  

―J・デューイ&D・ショーンによるReflective Thinking(自己省察)を中心に―
 
******************************************

なぜ、日本人は長年英語を勉強しても話せるようにならないのか。
どうして多くの英語教師も英語が話せないのだろうか。

******************************************

●○●  英語教師・英語学習者必携! ●○●

本書では、ジョン・デューイ(John Dewey)やドナルド・ショーン(Donald Schon)などによって唱えられたリフレクティブ・シンキング(自己省察)といった理論に注目してほしい。私自身の研究における中心的視座もこのリフレクティブ・シンキングにある。これは、教師の確信、過去の経験、また、リフレクション(省察)を通じて学んだことを実践するといった、個人の経験に基づき、他人との関わりの中でつくられるものである。これは同時に新しいカリキュラム(教育課程)をティーチングを通してつくっていくことにもつながるものである。
                        (「まえがき」より)

-----------------------

多くの学者が純粋理論の展開を得意とする中で、波能さんは終始「現場」を意識して、その声を取り出し分析する手法を展開してきました。こんどの本もとても面白く、登場する人たちが生き生きと描かれ、波能さんは彼らの発言を学問的に再構築し、説得的な意見を提案しています。すごく愉快な本です。ぜひ一読をお勧めします。

      田崎清忠
     (横浜国立大学名誉教授、前東京純心女子大学学長)

-----------------------