美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 詩歌 > デフォルト 木村彌一詩集

デフォルト 木村彌一詩集

著者
木村彌一
サイズ
A5判横
96ページ
製本
ハードカバー
ISBN
978-4-86000-191-9 C0092
発行日
2010/06/10
本体価格
2,000円

個数  

A5サイズを横に開く装丁は、右頁に題、左頁に詩。
著者によるカラー挿画も章ごとに4枚、
添えられたグラシン紙の下には、表紙と対照的な鮮やかな色。
読者を少し驚かせるしかけのなか、
著者の紡ぐ言葉の意味するものは・・・
default(初期設定)? 
default(債務不履行)?
それとも?

――――――――――

      人情


        安達が原に雨が降る
        天使が白い羽を休める
        ここで行われた殺戮の跡を
        澄んだ眼で眺めている
        静かな深い水底の月の歩みのように音がしない
        しっとりとした山の草の間に
        それとも一層上の世界の
        透明な風のかすかな動きの間に
        その身を吹上げ
        くるくるまわる花車を抱え
        行ってしまうのは薄情だ
        無限の蝋燭に火を灯し
        炎々の平原のように
        数々の事情を燃やせ
        火と雫の乱舞を
        白い羽に描いて
        この大地一面の上を
        激しく羽ばたいてから
        天空にたち帰ってほしい
        行ってゴッドに認めさせるのだ
        彼はいまだに知ってはいない
        ほんとうの
        惨劇はなんであったのかを
        あるいは見逃したのかもしれない

        安達が原の雨がやがて止む
        羽は乾いたか
        天使よ さあ帰っておくれ