美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 詩歌 > 燦詩の会アンソロジー

燦詩の会アンソロジー

著者
燦詩の会編
サイズ
A5判
250ページ
製本
ソフトカバー
ISBN
978-4-86000-209-1 C0092
発行日
2011/04/01
本体価格
2,500円

個数  

  1934   

1934年生まれの詩人24名による饗宴
―――――――――――
変転激動の時代を生き抜いて


わたしたちの世代は、戦乱激動の時代に生まれ、戦災や学童疎開、海外からの引き揚げ、肉親の喪失など多くの苦難を乗り越え、飢餓に耐え、学制の改革など惨憺たる時代を生き抜いて来ました。沢山の思いを込めてアンソロジーをお届けします。
                                   (長津功三良「あとがき」より)

    1934年生まれの<34>に<燦詩>の漢字をあてて、<燦詩の会>。
    24名の詩人による、総頁数250、詩72篇のアンソロジー。

 

<参加詩人>

内川美徳
おだ じろう
門林岩雄
工藤恵美子
工藤優子
倉橋健一
閤田眞太郎
小松弘愛
しま・ようこ
瀬戸文一
野老比左子
外村文象
冨長覚梁
富永たか子
長津功三良
なんば・みちこ
西岡光秋
原 桐子
日高 滋
麦 朝夫
毛利真佐樹
結城 文
吉岡又司
渡辺宗子


(アイウエオ順)