美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 詩歌 > 乱視のつぶやき 吉田叡隆詩集

乱視のつぶやき 吉田叡隆詩集

著者
吉田叡隆
サイズ
A5判
226ページ
製本
ハードカバー
ISBN
978-4-86000-212-1 C0092
発行日
2011/05/20
本体価格
2,000円

個数  

ユーモアと諧謔で打ち鳴らす
108つのことばの鐘

―――――――――――

詩の核心は、人間の情念をいかように表現するかにあるが、
著者はそれを悶絶・疑問・快感・憤慨・感動のテーマに分類して、
日常の断片的な事象を警鐘のように指摘しており、決して“乱視”ではなく、
現代人が忘れたこころを正視したメッセージでもあろう。

                                (佐藤勝太氏跋文より)

 

 

     東西南北


       北に「ならず者」と呼ばれる
        「将軍」あれば
       行って「そう無茶をするな」と言い

       南に「警察官」と呼ばれる
        「寄り合い」あれば
       行って「そう武器を使うな」と言い

       西に「意地の張り合い」あれば
       行って「そこそこにしたら」と言い

       東に「金持のボンボン」あれば
       行って「しっかりしいや」と言う

       そういう者に
       私はなりたい